The Android Developer Challenge is back! Submit your idea before December 2.

リリース前レポートとクラッシュ レポートを使用してアプリを改善する

アプリビジネスの成功は、高品質なアプリを配信できるかどうかにかかっています。この品質を実現するには、さまざまな端末でアプリをテストする必要があります。リリース前レポートでは、実際の端末で自動化されたテストを実施して、レイアウトの問題を特定したり、クラッシュの診断を行ったり、セキュリティ上の脆弱性を特定したりできます。さらに、Firebase Test Lab でカスタムテストを実施すると、クラッシュ レポートや ANR レポートを使用して、品質上の問題がないか、より深く調査できます。

解説

アプリのどこに問題があるのか特定することで、リリース時に最高の品質をユーザーに提供できるようになります。問題を迅速に修正することで、(特に、問題を修正したことをユーザーにお知らせする場合)、否定的なレビューを覆すこともできます。新しいユーザーには改良したエクスペリエンスを提供できるため、評価やレビューの向上につながります。

機能

  • リリース前レポート: Firebase Test Lab のさまざまな端末でアルファ版やベータ版のテストアプリをテストしたときに見つかった問題(端末の互換性、表示の問題、セキュリティの脆弱性など)を自動的に要約します。
  • Firebase Test Lab を使用したカスタムテスト: Firebase Test Lab のカスタムテストを使用して、アプリに対してテスト スクリプトを実行し、開発プロセス中の欠陥を捕捉します。
  • クラッシュと ANR(アプリが応答しない)エラーのレポート: アプリがクラッシュしたり反応を停止したりして、ユーザーが詳細情報の送信を選択した場合、Google Play は関連情報を収集して、Google Play Developer Console でデベロッパーに提供しています。こうしたクラッシュや ANR のレポートを確認すると、アプリの問題を特定し、アプリを更新して問題を取り除くことができます。
  • Firebase クラッシュ レポート: アプリのエラーに関する詳細なレポートを入手してください。エラーはスタック トレースが似ているもの同士で分類され、ユーザーに与える影響の深刻度に応じて格付けされています。自動レポートを受け取るだけでなく、カスタム イベントをログに記録して、クラッシュにつながる段階で捕捉することもできます。

おすすめの方法

  • ビルドを比較して進捗状況を確認します。リリース前レポートの一部である [クラッシュ] タブには、前のビルドと比較した APK の互換性を示すグラフが表示されます。レポートの各バーはアルファ版やベータ版の APK で最近テストしたビルドを表します。テスト中に、起動に成功および失敗した回数も一緒に表示されます。
  • さまざまなバージョンの Android でアプリの動作を確認します。リリース前レポートでは、アプリの [クラッシュ] タブの下半分ほどに、テスト端末と端末の Android バージョンを示す個別のレポートが表示されます。赤いアイコンは、アプリでテスト中に問題が発生したかどうかを表します。
  • レイアウトの問題を見つけます。各テストの概要にあるスクリーンショットから、さまざまな Android バージョン、言語、画面解像度のテスト端末で、アプリがどのように表示されるか確認できます。
  • 別のアルファ版やベータ版テストのアップロードを検討します。テストでは、APK が端末に対応している場合でも、結果に「対応していない端末」と表示される場合があります。別のアルファ版やベータ版の APK をアップロードして、アプリがすべての端末で動作することを確認してください。
  • セキュリティの脆弱性を特定します。既知のセキュリティの脆弱性は報告されているので、ユーザーに対するアプリの安全性を高めるために措置を講じることができます。レポートでは、サードパーティ ライブラリの問題も調べています。APK で見つかったセキュリティの脆弱性の名前と説明は、各テストのリリース前レポートに含まれています。
  • ワンクリックのログインボタンを使用します。アプリにログイン画面があり、ログイン情報の入力が必要な場合、テストプロセスはこのログイン画面を通過できないため、テスト結果が限定されることがあります。より包括的なテストを行うため、テストプロセスが 1 回クリックすればアプリのテストを続行できる「ログイン」ボタンを、公開するアルファ版やベータ版に設けてください。
  • 地域の要件を取り除きます。アプリに地域への依存関係があり、テスト端末が基づいている地域ではこの依存関係が満たされない場合があります。この状況に当てはまる場合、特に、アプリに国に基づいたコンテンツ制限がある場合は、地域の要件を取り除いたアルファ版またはベータ版の APK を公開してください。
  • テストの対象にしたいデータを組み込みます。プリロード データを使用するアプリをテストしたい場合は、APK にメディア ファイルを組み込んで、アプリのアルファ版またはベータ版を公開してください。
  • Google Play ライセンス サービスを無効にします。アプリがテスト端末でユーザーを正しく識別できるように、Google Play ライセンス サービスを無効にして、アプリのアルファ版またはベータ版を作成してください。無効にしない場合、テストの結果が限定されます。