動作の変更点: すべてのアプリ

Android 14 プラットフォームには、アプリに影響する可能性がある動作変更が含まれています。以下の動作変更は、targetSdkVersion に関係なく、Android 14 で実行されるすべてのアプリに適用されます。該当する場合は、アプリをテストし、必要に応じて修正して、適切に対応してください。

Android 14 をターゲットとするアプリにのみ影響する動作変更のリストも必ずご確認ください。

コア機能

正確なアラームのスケジュールはデフォルトで拒否される

正確なアラームは、ユーザーの意図に基づく通知や、正確な時刻で実行する必要があるアクションに適しています。Android 14 以降では、SCHEDULE_EXACT_ALARM 権限が、Android 13 以降をターゲットとする新しくインストールされたアプリのほとんどで、事前付与されなくなりました。この権限はデフォルトで拒否されます。

詳しくは、正確なアラームのスケジュール設定の権限の変更をご覧ください。

アプリがキャッシュされている間、コンテキスト登録されたブロードキャストがキューに追加される

Android 14 では、アプリがキャッシュに保存された状態にあるときに、システムはコンテキスト登録されたブロードキャストをキューに配置できます。これは、Android 12(API レベル 31)で非同期バインダー トランザクションに導入されたキュー動作に似ています。マニフェストで宣言されたブロードキャストはキューに登録されず、アプリはブロードキャスト配信のためにキャッシュに保存された状態から削除されます。

アプリがフォアグラウンドに戻るなど、キャッシュに保存された状態を終了すると、キュー内のブロードキャストがすべて配信されます。特定のブロードキャストの複数のインスタンスが 1 つのブロードキャストに統合される場合があります。システムの健全性などの他の要因によっては、アプリがキャッシュに保存された状態から削除されることがあります。また、以前にキューに格納されていたブロードキャストが配信されます。

アプリは自身のバックグラウンド プロセスのみを強制終了できる

Android 14 以降では、アプリが killBackgroundProcesses() を呼び出した場合、API は自身のアプリのバックグラウンド プロセスのみを強制終了できます。

別のアプリのパッケージ名を渡した場合、このメソッドはそのアプリのバックグラウンド プロセスに影響せず、Logcat に次のメッセージが表示されます。

Invalid packageName: com.example.anotherapp

古いバージョンの OS であっても、アプリで killBackgroundProcesses() API を使用したり、他のアプリプロセスのライフサイクルに影響を与えようとしたりしないでください。Android は、キャッシュに保存されたアプリをバックグラウンドで保持し、システムにメモリが必要なときは自動的にそうしたアプリを強制終了するように設計されています。アプリが不必要に他のアプリを強制終了した場合、後でそれらのアプリを完全に再起動する必要があるため、システム パフォーマンスが低下し、バッテリー消費量が増加する可能性があります。これには、キャッシュに保存された既存のアプリを再開するよりもはるかに多くのリソースが必要になります。

MTU を最初にリクエストする GATT クライアントで MTU が 517 に設定されている

Android 14 以降、Android Bluetooth スタックは Bluetooth コア仕様のバージョン 5.2 に厳密に準拠し、最初の GATT クライアントが BluetoothGatt#requestMtu(int) API を使用して MTU をリクエストしたときに BLE ATT MTU を 517 バイトにリクエストし、その ACL 接続での後続のすべての MTU リクエストを無視します。

この変更に対処し、アプリの堅牢性を高めるには、次のオプションを検討してください。

  • 周辺機器は、周辺機器が対応できる妥当な値で Android デバイスの MTU リクエストに応答する必要があります。最終的なネゴシエートされた値は、Android がリクエストした値とリモートから提供される値(例: min(517, remoteMtu))の最小要件になります。
    • この修正を実装するには、周辺機器のファームウェアの更新が必要になる場合があります。
  • または、周辺機器でサポートされている既知の値と受信した MTU の変更の間の最小値に基づいて、GATT 特性の書き込みを制限します。
    • サポートされているヘッダーのサイズから 5 バイト減らす必要があることへの注意
    • 例: arrayMaxLength = min(SUPPORTED_MTU, GATT_MAX_ATTR_LEN(517)) - 5

アプリを制限付きスタンバイ バケットに配置できる新しい理由

Android 14 引入了将应用放入“受限待机”分桶的新原因。由于 onStartJobonStopJobonBind 方法超时,应用的作业会多次触发 ANR 错误。(如需了解对 onStartJobonStopJob 的更改,请参阅 JobScheduler 增强回调和网络行为。)

如需跟踪应用是否已进入“受限待机”分桶,我们建议您在作业执行时使用 API UsageStatsManager.getAppStandbyBucket() 进行日志记录,或者在应用启动时使用 UsageStatsManager.queryEventsForSelf() 进行日志记录。

mlock は 64 KB に制限

Android 14(API レベル 34)以降では、mlock() を使用してロックできる最大メモリがプロセスあたり 64 KB に削減されています。以前のバージョンでは、上限はプロセスあたり 64 MB でした。この制限により、アプリとシステム全体でメモリ管理が改善されます。デバイス間の一貫性を高めるため、Android 14 では、対応デバイスに対する新しい mlock() の上限に関する新しい CTS テストが追加されています。

システムがキャッシュに保存されたアプリのリソース使用量を適用する

从设计上讲,当应用的进程移至后台且没有任何其他应用进程组件在运行时,应用进程将处于缓存状态。此类应用进程可能会因系统内存压力而终止。在此状态下,Activity 实例在调用并返回 onStop() 方法后执行的任何工作均不可靠,强烈建议不要这样做。

Android 14 对此设计引入了一致性和强制执行要求。在应用进程进入缓存状态后不久,系统会禁止后台工作,直到进程组件重新进入生命周期的活跃状态。

使用框架支持的典型生命周期 API(例如服务JobSchedulerJetpack WorkManager)的应用应该不受这些变化的影响。

ユーザー エクスペリエンス

閉じることができない通知のユーザー エクスペリエンスに関する変更

如果您的应用向用户显示不可关闭的前台通知,请注意:Android 14 已更改此行为,允许用户关闭此类通知。

这项变更适用于通过 Notification.Builder#setOngoing(true)NotificationCompat.Builder#setOngoing(true) 设置 Notification.FLAG_ONGOING_EVENT 来阻止用户关闭前台通知的应用。FLAG_ONGOING_EVENT 的行为已发生变化,使用户实际上能够关闭此类通知。

在以下情况下,此类通知仍不可关闭:

  • 当手机处于锁定状态时
  • 如果用户选择全部清除通知操作(有助于防止意外关闭)

此外,这种新行为不适用于以下用例中的通知:

  • CallStyle 通知
  • 企业设备政策控制器 (DPC) 和支持软件包
  • 媒体通知
  • 默认的搜索选择器软件包

データ セーフティ情報の視認性が向上

Android 14 では、ユーザーのプライバシーを保護するため、Google Play Console フォームで申告された情報を表示する場所を増やしています。現在のところ、この情報は、Google Play のアプリの掲載情報にあるデータ セーフティ セクションで確認できます。

アプリの位置情報の共有に関するポリシーを確認し、適宜 Google Play のデータ セーフティ セクションを更新することをおすすめします。

詳しくは、Android 14 でデータ セーフティ情報を見やすく表示する方法に関するガイドをご覧ください。

ユーザー補助

非線形フォント スケーリングを 200% にする

Android 14 以降では、フォント スケーリングが 200% までサポートされます。これにより、ロービジョンのユーザーは、Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)に準拠した追加のユーザー補助オプションを利用できます。

スケール非依存ピクセル(sp)単位を使用してテキストサイズを定義している場合、この変更によるアプリへの影響はそれほどありません。ただし、最大フォントサイズ(200%)を有効にして UI テストを実施し、アプリがユーザビリティに影響を与えることなく大きなフォントサイズに対応できることを確認する必要があります。

セキュリティ

インストール可能な最小対象 API レベル

Android 14 以降では、targetSdkVersion が 23 未満のアプリはインストールできません。これらの最小対象 API レベルの要件をアプリが満たすことを必須とすることで、ユーザーのセキュリティとプライバシーを強化しています。

マルウェアは多くの場合、新しい Android バージョンで導入されたセキュリティとプライバシー保護を回避するため、古い API レベルをターゲットにします。たとえば、一部のマルウェア アプリは、2015 年に Android 6.0 Marshmallow(API レベル 23)で導入された実行時の権限モデルの対象にならないよう、22 の targetSdkVersion を使用します。この Android 14 の変更により、マルウェアが強化されたセキュリティとプライバシー保護を回避することが難しくなります。下位の API レベルをターゲットとするアプリをインストールしようとすると、インストールに失敗し、Logcat に次のメッセージが表示されます。

INSTALL_FAILED_DEPRECATED_SDK_VERSION: App package must target at least SDK version 23, but found 7

Android 14 にアップグレードするデバイスでは、targetSdkVersion が 23 未満のアプリはインストールされたままになります。

古い API レベルをターゲットとするアプリをテストする必要がある場合は、次の ADB コマンドを使用します。

adb install --bypass-low-target-sdk-block FILENAME.apk

メディア所有者のパッケージ名が削除される場合がある

媒体库支持查询 OWNER_PACKAGE_NAME 列,该列表示存储特定媒体文件的应用。从 Android 14 开始,除非满足以下条件之一,否则系统会隐去此值:

  • 存储媒体文件的应用有一个软件包名称始终对其他应用可见。
  • 查询媒体库的应用会请求 QUERY_ALL_PACKAGES 权限。

详细了解 Android 如何出于隐私保护目的而过滤软件包可见性