ウェアラブル アプリを作成して実行する

Wear OS アプリはスマートウォッチで直接実行され、センサーや GPU などのハードウェアへのアクセスを可能にします。ウェアラブル アプリは Android SDK を使用する他のアプリと類似していますが、デザインと機能が異なります。

Wear OS アプリはスマートフォン アプリとは独立して動作する必要があるため、ユーザーはスマートフォンを柔軟に選択できます。詳細については、スタンドアロンの Wear OS アプリとスタンドアロンではない Wear OS アプリをご覧ください。

注: Wear OS アプリをデバッグするで説明されているように、USB、Wi-Fi、または Bluetooth を使用して実際のスマートウォッチでアプリをテストできます。実際のスマートウォッチでアプリをデバッグすると、全体的なユーザー エクスペリエンスをより適切に評価できます。Android Studio のスマートウォッチ用エミュレータを使用して、さまざまな形状やサイズの画面でアプリをテストすることもできます。

環境をセットアップする

最新バージョンの Android Studio をインストールします。Android Studio でのアプリの作成については、プロジェクトの概要をご覧ください。

SDK Manager を使用して、Android プラットフォームが、Wear OS をサポートする最新バージョンの Android 11(API レベル 30)であることを確認します。

Wear OS アプリを中国で公開する予定の場合は、中国向けの Wear OS アプリを作成するをご覧ください。

Wear OS アプリを作成する

Wear OS アプリを作成するには、Android Studio の新しいプロジェクト ウィザードを使用します。

Wear OS プロジェクトを開始する

Android Studio でプロジェクトを作成するには:

  1. [File] > [New] > [New Project] をクリックします。
  2. [Project Template] ウィンドウで [Wear OS] タブをクリックし、[Empty Compose Activity] を選択して [Next] をクリックします。
  3. [New Project] ウィンドウでプロジェクトに名前を付け、標準のプロジェクト情報を入力して、[Finish] をクリックします。

    Android Studio でプロジェクトを作成するには、データ プロバイダ用のアプリ モジュールを使用します。

  4. アプリ モジュールの build.gradle ファイルで以下のことを行います。
    • android セクションで、compileSdkVersion が 33 に設定されていることを確認します。
    • android セクションで、targetSdkVersion が 30 に設定されていることを確認します。
    • dependencies セクションを Wear OS 固有の依存関係に置き換えます。
  5. Android マニフェスト ファイルで、 <uses-feature> タグが定義されていることを確認します。次の例に示すように、android:name="android.hardware.type.watch" を定義します。
    <manifest>
    ...
      <uses-feature android:name="android.hardware.type.watch" />
    ...
    </manifest>
    
  6. Android Studio プロジェクトを同期します。新しいモジュールでコードを実行する場合は、エミュレータを起動して Wear OS アプリを実行するをご覧ください。

エミュレータを起動して Wear OS アプリを実行する

エミュレータを使用するには、Android Virtual Device(AVD)を構成します。SDK Manager から Android SDK Platform-Tools の最新バージョンがインストールされていることを確認します。

次のように AVD を構成してアプリを実行します。

  1. Android Studio で Android Virtual Device Manager を開きます([Tools] > [AVD Manager] を選択します)。
  2. [Create Virtual Device] をクリックします。
  3. [Category] ペインで、[Wear OS] を選択し、ハードウェア プロファイルを選択します。[Next] をクリックします。
  4. ダウンロードするシステム イメージを選択します。たとえば、[API Level] が 30、[Target] が「Android 11.0 (Wear OS)」のイメージを選択します。[Next]、[Finish] の順にクリックします。
  5. Android Virtual Device Manager を終了します。
  6. Android Studio のツールバーで、先ほど作成した AVD をターゲット デバイスのプルダウン メニューから選択し、[Run] をクリックします。

    AVD が起動し、しばらくするとアプリが実行され、「Hello...」というメッセージが表示されます。

AVD の使用について詳しくは、Android Emulator 上でアプリを実行するをご覧ください。

Wear OS プロジェクトを更新する

既存のプロジェクトが存在する場合は、settings.gradle ファイルの更新が必要になる可能性があります。google() を使用して、Google の Maven リポジトリを指定するようにしてください。関連情報については、Google の Maven リポジトリをご覧ください。

Android Studio プロジェクトの settings.gradle ファイルには、以下が含まれている必要があります。

  dependencyResolutionManagement {
      ...
      repositories {
          google()
          jcenter()
      }
  }

警告: JCenter リポジトリは、2021 年 3 月 31 日に読み取り専用になりました。詳細については、JCenter サービスの更新をご覧ください。

スマートウォッチをセットアップする

アプリのスマートウォッチへのデプロイは、アプリのスマートフォンへのデプロイと類似しています。

ここでは、スマートウォッチに USB ポートが搭載されていると仮定します。スマートウォッチに USB ポートが搭載されていない場合は、Wi-Fi または Bluetooth を使用してスマートウォッチを接続する際の手順をご覧ください。

スマートウォッチで adb デバッグを有効にします。

  1. スマートウォッチで [設定] メニューを開きます。
  2. メニューの一番下までスクロールします。[開発者向けオプション] が表示されない場合は、[システム]、[デバイス情報] の順にタップします。
  3. ビルド番号を 7 回タップします。
  4. [設定] メニューで [開発者向けオプション] をタップします。
  5. [ADB デバッグ] を有効にします。

スマートウォッチを接続します。

  1. アプリをスマートウォッチに直接インストールできるよう、USB でスマートウォッチをマシンに接続します。
  2. スマートウォッチで、[このパソコンからの USB デバッグを常に許可する] をタップして、[OK] をタップします。

スマートウォッチを接続したら、アプリをビルドして実行するの説明に沿って、デプロイ ターゲットを選択してアプリを実行します。

スマートフォンをセットアップする

ここでは、Wear OS コンパニオン アプリを使用してコンパニオン スマートフォンをセットアップする方法を説明します。

注: Wear OS アプリは、スマートフォンとは独立してスタンドアロンで動作します。ただし、アプリがスマートフォン アプリに依存している場合は、最新の Wear OS コンパニオン アプリを使用したスマートフォンの更新に関する以下の情報をご確認ください。

Android 版のコンパニオン アプリを使用する

Android スマートフォンで、Wear OS アプリの掲載情報に移動します。[更新] をタップしてアプリをダウンロードし、インストールします。インストール後、アプリで [自動更新] が選択されていることを確認します(ダウンロードしたアプリを更新するの「個別のアプリに自動更新を設定する」をご覧ください)。[開く] をタップしてアプリを起動します。

Android スマートフォンとスマートウォッチをペア設定する

スマートフォンにコンパニオン アプリをインストールしたら、必要に応じて、古いスマートウォッチのペア設定を解除します。次に、スマートフォンを新しいイメージが書き込まれたスマートウォッチとペア設定します。

  1. スマートフォンで、デバイスのリストからデバイス名を選択します。スマートフォンとスマートウォッチにペア設定コードが表示されたら、コードが一致していることを確認します。
  2. [ペア設定する] をタップして、ペア設定プロセスを進めます。スマートウォッチがスマートフォンに接続されると、確認メッセージが表示されます。スマートフォンには、スマートフォンのアカウント一覧画面が表示されます。
  3. スマートウォッチに追加して同期する Google アカウントを選択します。
  4. 画面ロックを確認し、パスワードを入力して、スマートフォンからスマートウォッチへのアカウントのコピーを開始します。
  5. ウィザードの手順に沿ってペア設定プロセスを完了します。

iPhone 用のコンパニオン アプリ

iOS コンパニオン アプリは使用可能ですが、インストール先のスマートフォンに iOS 8.2 以降が搭載されている必要があります。

  1. iPhone で App Store にアクセスし、Wear OS コンパニオン アプリをダウンロードしてインストールします。
  2. スマートウォッチとスマートフォンでの手順に沿って操作し、ペア設定プロセスを開始します。詳細については、関連するヘルプページをご覧ください。

デバイスとスマートウォッチ エミュレータをペア設定する

Wear OS エミュレータのペア設定アシスタントを使用するか、手動で、スマートウォッチの Android Virtual Device(AVD)やエミュレータとデバイスをペア設定します。

Wear OS エミュレータのペア設定アシスタントを使用する

注: Wear OS エミュレータのペア設定アシスタントを使用するには、Android 11(API レベル 30)以降を搭載したスマートフォンに Google Play ストアがインストールされている必要があります。また、最新のアシスタント機能を使用するには、Wear エミュレータで API レベル 28 以降が実行されている必要があります。エミュレートしているデバイスのシステム イメージをアップグレードするには、SDK Manager を使用します。

Wear OS エミュレータのペア設定アシスタントを使用すると、Wear エミュレータの管理や接続を簡単に行えます。複数の Wear デバイスを 1 台の仮想スマートフォンまたは物理スマートフォンとペア設定できます。Android Studio は、以前にペア設定したデバイスを記憶していて、該当デバイスの起動時に再度ペア設定を行います。

2 台のデバイスをペア設定する手順は次のとおりです。

  1. Wear エミュレータを作成します(まだ作成していない場合)。
  2. デバイス マネージャーで、ペア設定するいずれかのデバイスの「オーバーフロー」プルダウン メニュー アイコンをクリックし、[ウェアラブルとペア設定] を選択します。

    図 1. Wear エミュレータとペア設定できるデバイスのプルダウン メニュー

  3. 選択すると、Wear OS エミュレータのペア設定アシスタントが起動します。スマートフォンで [ウェアラブルとペア設定] をクリックすると、利用可能な Wear デバイスのリストが表示されます。Wear デバイス側で起動した場合は、利用可能なスマートフォンのリストが表示されます。ペア設定するデバイスを選択し、[次へ] をクリックします。
  4. Android Studio が起動してデバイスの準備ができるまでに、数分かかることがあります。スマートフォンに Wear OS コンパニオン アプリがインストールされていない場合は、メッセージに沿って Play ストアにログインし、インストールしてからセットアップします。
  5. スマートフォンの Wear OS アプリでデバイスをペア設定するには、その他メニューをクリックして [エミュレータとペア設定] を選択します。

デバイスが正常にペア設定されると、デバイス マネージャーのペア設定されたデバイスの横に小さなアイコンが表示されます。オーバーフロー プルダウン メニューをクリックして [詳細を表示] を選択すると、ペア設定済みのデバイスの一覧が表示されます。

図 2. ペア設定したデバイス ツール ウィンドウに、選択したデバイスとペア設定されているデバイスが表示される

スマートフォンとスマートウォッチ AVD をペア設定する

開発用のスマートウォッチ AVD で Google アカウントを使用する場合は、スマートフォンとスマートウォッチ AVD をペア設定して Google アカウントを同期します。

  1. スマートフォンのセットアップ手順を実施します。
  2. スマートフォンで、開発者向けオプションUSB デバッグを有効にします。
  3. スマートフォンとパソコンを USB で接続します。
  4. AVD の通信ポートを接続済みのスマートフォンに転送します(スマートフォンを接続するたびに行います)。
    adb -d forward tcp:5601 tcp:5601
  5. スマートフォンの Wear OS アプリで、標準のペア設定プロセスを開始します。たとえば、開始画面で [設定する] ボタンをタップします。または、すでにペア設定されているスマートウォッチがある場合は、左上のプルダウンから [新しいスマートウォッチを追加] をタップします。
  6. スマートフォンの Wear OS アプリで、オーバーフロー ボタンをタップしてから [エミュレータをペア設定] をタップします。
  7. 設定アイコンをタップします。
  8. [デバイスの設定] の [エミュレータ] をタップします。
  9. [アカウント] をタップして Google アカウントを選択し、ウィザードの手順に沿ってアカウントとエミュレータを同期します。必要に応じて、デバイスの画面ロックのパスワードと Google アカウントのパスワードを入力し、アカウントの同期を開始します。

スマートフォンを複数の Wear デバイスに接続する

2 台目の Wear デバイスを仮想スマートフォンまたは物理スマートフォンに接続するには、最初のペア設定と同じ手順を行います。デバイス マネージャーで、ペア設定するスマートフォンまたは Wear デバイスを探します。見つけたら、オーバーフロー プルダウン メニューをクリック後、[ウェアラブルとペア設定] をクリックします。

Wear OS モジュールをプロジェクトに追加する

Android Studio で既存のプロジェクトに Wear OS デバイス用のモジュールを追加することで、モバイル(スマートフォン)アプリのコードを再利用できます。

既存のプロジェクトに Wear OS モジュールを提供する

Wear OS モジュールを作成するには、既存の Android Studio プロジェクトを開いて次の手順を行います。

  1. [File] > [New] > [New Module] をクリックします。
  2. [New Module] ウィンドウで [Wear OS Module] を選択し、[Next] をクリックします。
  3. [Configure the new module] の以下の各欄に入力します。
    • Application/Library Name: 新しいモジュールのアプリ ランチャー アイコンのタイトル。
    • Module Name: ソースコード ファイルとリソース ファイル用のフォルダの名前。
    • Package Name: モジュールのコードの Java 名前空間。この文字列は、モジュールの Android マニフェスト ファイルpackage 属性として追加されます。
    • Minimum SDK: アプリ モジュールがサポートするプラットフォームの最も古いバージョンを選択します。たとえば、[API 26: Android 8.0] を選択します。この値は、build.gradle ファイル内の minSdkVersion 属性に設定されます。この属性は後で編集できます。
  4. [Next] をクリックします。複数のコード テンプレート オプションが表示されます。[Blank Wear OS Activity]、[Next] の順にクリックします。
  5. [Configure Activity] ウィンドウで、[Activity Name]、[Layout Name]、[Source Language] の値を入力するか、デフォルト値をそのまま使用して、[Finish] をクリックします。

Android Studio は、新しいモジュールのファイルを作成して同期します。また、Wear OS に必要な依存関係を新しいモジュールのビルドファイルに追加します。新しいモジュールは画面の左側にある [Project] ウィンドウに表示されます。新しいモジュールのフォルダが表示されない場合は、ウィンドウに [Android] ビューが表示されていることを確認します。

新しい Wear OS モジュールの build.gradle ファイルで以下の操作を行います。

ライブラリを追加する

注: Wear OS の開発には Android Studio を使用することをおすすめします。Android Studio では、プロジェクトのセットアップ、ライブラリのインクルード、パッケージングなどを行うことができます。

Android Studio の Project Wizard を使用すると、適切なモジュールの build.gradle ファイルに依存関係をインポートできます。ただし、依存関係はすべてのアプリに必要なわけではありません。依存関係については、以下の情報をご確認ください。

既存の Wear OS プロジェクトを最新の SDK バージョンに更新するには、Wear OS プロジェクトを開始するで示した設定を使用します。

通知

通知の依存関係については、Wear で表示する通知を作成するをご覧ください。

Wear OS の UI の作成

Compose は、Wear OS アプリのユーザー インターフェースを作成するための、おすすめの方法です。Wear OS 向け Compose には、Wear OS のフォーム ファクタ向けに設計された 20 を超えるコンポーネントが用意されています。これは、ビューベースのレイアウトに使用できるコンポーネントの数をはるかに上回っています。これらのコンポーネントは、Wear OS 向けの最新のマテリアル デザイン ガイドラインを遵守したユーザー エクスペリエンスを実現できるように設計されています。ただし、ビューを使用してビルドする場合は、Wear OS UI ライブラリへの依存関係を追加します。詳細については、Wear OS でビューベースの UI を作成するをご覧ください。

Play 開発者サービスと Wearable Data Layer API

(Data Layer API を使用して)データを同期および送信するために、あるいは他の理由により、アプリが Google Play 開発者サービスに依存している場合は、最新バージョンの Google Play 開発者サービスが必要です。Data Layer API を使用していない場合は、依存関係を削除してください。

スマートウォッチの電池を節約する

スマートウォッチがアイドル状態の場合、またはユーザーが手のひらで画面を覆っている場合に、スマートウォッチはインタラクティブ モードから常に画面表示モードに切り替わります。

スマートウォッチの電池を節約するには、常に画面表示モードの使用を避けてください。アプリがアクティブである間にスマートウォッチがシステムの常に画面表示モードに移行し、ユーザーが指定した時間内にスマートウォッチを再度操作した場合に、アプリが最初に表示される対象として起動されます。

特定のユースケースでは、アプリの常に画面表示モードをオーバーライドすることをおすすめします。たとえば、ユーザーがランニングを記録しており、常に時間を確認する必要がある場合は、常に画面表示モードをオーバーライドします。

常に画面表示モードに遷移可能なスマートウォッチ アプリは常時オンアプリと呼ばれています。常時オンアプリには以下の 2 つの動作モードがあります。

インタラクティブ
このモードでは、アニメーションでフルカラーが使用されます。また、アプリは入力に応答します。
常に画面表示
このモードでは、白黒のグラフィックで画面をレンダリングし、入力キューを表示しません。この表示モードは、Android 5.1 以降が搭載されているデバイスでのみサポートされます。

詳細とおすすめの方法については、Wear OS でアプリを表示したままにするのページをご覧ください。