Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

android

このツールはサポートが終了しています。代わりに、Android Studio を使用して AVD を作成し、プロジェクトを作成するか、sdkmanager を使用してコマンドラインから SDK パッケージを表示、インストールしてください。

android は、Android SDK の tools/ ディレクトリにあるコマンドライン ツールです。以下の機能があります。この機能では、次の操作が可能です。

  • Android 仮想デバイス(AVD)を作成、削除、表示できます。
  • Android プロジェクトを作成、更新できます。
  • 新しいプラットフォーム、アドオン、ドキュメントを利用できるように Android SDK をアップデートできます。

Android Studio を使用している場合、android ツールの機能は IDE に統合されているため、このツールを直接使用する必要はありません。

注: 以下に記載しているオプションの説明は、すべてを網羅しているものではなく、情報が古くなっている場合があります。オプションの最新リストについては、android --help を実行してください。

構文

android [global options] action [action options]

グローバル オプション

-s
サイレント モード: エラーだけが出力されます。
-h
使用方法。
-v
詳細モード: エラー、警告、情報メッセージが出力されます。

AVD アクションおよびオプション

アクション オプション 説明 備考
avd なし AVD Manager を起動します。
sdk なし Android SDK Manager を起動します。
create avd -n <name> AVD の名前。 必須
-t <targetID> 新しい AVD で使用するシステム イメージのターゲット ID。利用可能なターゲットのリストを取得するには、android list targets を使用します。 必須
-c <path>|<size>[K|M] この AVD に使用する SD カードイメージのパス、あるいは、この AVD 用に作成する新しい SD カードイメージのサイズ。たとえば、-c path/to/sdcard-c 1000M などです。
-f AVD を強制作成します。
-p <path> この AVD のファイル用のディレクトリを作成する場所のパス。
-s <name>|<width>-<height> この AVD に使用するスキン。名前またはサイズで指定します。android ツールは、-t <targetID> 引数で参照されるターゲットの skins/ ディレクトリを対象に、名前またはサイズに基づいて、適合するスキンをスキャンします。たとえば、-s HVGA-L です。
delete avd -n <name> 削除する AVD の名前。 必須
move avd -n <name> 移動する AVD の名前。 必須
-p <path> この AVD のファイル用のディレクトリを作成する場所のパス。
-r <new-name> 名前を変更する AVD の新しい名前。
update avd -n <name> 移動する AVD の名前。 必須

プロジェクト アクションおよびオプション

アクション オプション 説明 備考
create project -n <name> プロジェクトの名前。 必須
-t <targetID> 新しい AVD で使用するシステム イメージのターゲット ID。利用可能なターゲットのリストを取得するには、android list targets を使用します。 必須
-k <path>|<size>[K|M] パッケージ名前空間。 必須
-a デフォルト Activity クラスの名前。 必須
-p <path> プロジェクト ディレクトリの場所。 必須
update project -n <name> 更新するプロジェクトの名前。
-p <path> プロジェクトの場所のパス。 必須
-l <library path> 追加する Android ライブラリの場所のパス(メイン プロジェクトを基準とする相対パス)。
-s <subprojects> テスト プロジェクトなど、サブフォルダ内のプロジェクトをアップデートします。
-t <targetID> プロジェクトに設定するターゲット ID。
create test-project -n <name> プロジェクトの名前。
-p <path> プロジェクトの場所のパス。 必須
-m <main> プロジェクトの名前。 必須
update test-project -p <path> テストするプロジェクトの場所のパス(新プロジェクトを基準とする相対パス)。 必須
-m <main> テストするプロジェクトのメインクラス。 必須
create lib-project -k <packageName> (必須)ライブラリ プロジェクトのパッケージ名。 必須
-p <path> プロジェクトの場所のパス。 必須
-t <targetID> ライブラリ プロジェクトのターゲット ID。 必須
-n <name> プロジェクトの名前。 必須
update lib-project -p <path> プロジェクトの場所のパス。 必須
-l <libraryPath> 追加する Android ライブラリの場所のパス(メイン プロジェクトを基準とする相対パス)。
-t <name> ライブラリ プロジェクトのターゲット ID。
create uitest-project -n <name> UI テスト プロジェクトの名前。
-t <name> UI テスト プロジェクトのターゲット ID。 必須
-p <path> UI テスト プロジェクトの場所のパス 必須

更新アクション

update adb
SDK アドオン内で宣言された USB デバイスをサポートするように adb をアップデートします。
update sdk
必要に応じて、インストールする新しいプラットフォームを提案することで、SDK をアップデートします。