Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Compose

形状とデータの依存関係を記述するコンポーズ可能な関数を使用して、UI をプログラムで定義します。
最新の更新 現在の安定版リリース 次のリリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2020 年 9 月 16 日 - - - 1.0.0-alpha04

構造

Compose は、androidx 内の 7 つの Maven Group ID を組み合わせたものです。各グループには対象とする機能のサブセットが含まれ、それぞれに固有のリリースノートがあります。

次の表に、各グループの説明と、それぞれのリリースノートのリンクを示します。

グループ説明
compose.animationJetpack Compose アプリ内でアニメーションを作成して、ユーザー エクスペリエンスを拡充します。
compose.compiler@Composable 関数を変換し、Kotlin コンパイラ プラグインで最適化を有効にします。
compose.foundationすぐに使用できるビルディング ブロックで Jetpack Compose アプリを作成し、独自のデザイン システム要素を構築する基盤を拡張します。
compose.materialすぐに使用できるマテリアル デザイン コンポーネントで Jetpack Compose UI を構築します。Compose の上位レベルのエントリ ポイントであり、www.material.io のガイドラインと適合するコンポーネントを提供するように設計されています。
compose.runtimeCompose のプログラミング モデルと状態管理の基本ビルディング ブロックと、Compose コンパイラ プラグインがターゲットとするコアランタイム。
compose.uiレイアウト、描画、入力など、デバイスの操作に必要な Compose UI の基本コンポーネント。
uiJetpack Compose ライブラリを操作します。

依存関係の宣言

Compose への依存関係を追加するには、Google の Maven リポジトリをプロジェクトに追加する必要があります。詳しくは、Google の Maven リポジトリをご覧ください。

アプリまたはモジュールの build.gradle ファイルに、必要なアーティファクトの依存関係を追加します。

android {
    buildFeatures {
        compose true
    }

    composeOptions {
        kotlinCompilerVersion "1.4.0"
        kotlinCompilerExtensionVersion "1.0.0-alpha04"
    }
}

tasks.withType(org.jetbrains.kotlin.gradle.tasks.KotlinCompile).configureEach {
    kotlinOptions {
        jvmTarget = "1.8"
        freeCompilerArgs += ["-Xallow-jvm-ir-dependencies", "-Xskip-prerelease-check"]
    }
}

依存関係について詳しくは、ビルド依存関係の追加をご覧ください。

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

バージョン 1.0.0

Compose は、androidx 内の 7 つの Maven Group ID を組み合わせたものです。各グループには対象とする機能のサブセットが含まれ、それぞれに固有のリリースノートがあります。

各グループ ID に対する変更については、下記のリンク先をご覧ください。

グループ説明
compose.animationJetpack Compose アプリ内でアニメーションを作成して、ユーザー エクスペリエンスを拡充します。
compose.compiler@Composable 関数を変換し、Kotlin コンパイラ プラグインで最適化を有効にします。
compose.foundationすぐに使用できるビルディング ブロックで Jetpack Compose アプリを作成し、独自のデザイン システム要素を構築する基盤を拡張します。
compose.materialすぐに使用できるマテリアル デザイン コンポーネントで Jetpack Compose UI を構築します。Compose の上位レベルのエントリ ポイントであり、www.material.io のガイドラインと適合するコンポーネントを提供するように設計されています。
compose.runtimeCompose のプログラミング モデルと状態管理の基本ビルディング ブロックと、Compose コンパイラ プラグインがターゲットとするコアランタイム。
compose.uiレイアウト、描画、入力など、デバイスの操作に必要な Compose UI の基本コンポーネント。
uiJetpack Compose ライブラリを操作します。