Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

mksdcard

mksdcard ツールを使用すると、FAT32 ディスク イメージを作成して、別の Android Virtual Device(AVD)を実行しているエミュレータに読み込ませることで、複数のデバイスで同じ SD カードをシミュレートできます。ディスク イメージを複数の仮想デバイス間で共有する必要がない場合は、mksdcard コマンドを使用する必要はありません。エミュレータはデフォルトで、アクティブな AVD によって生成、保存されたデフォルト イメージを代わりに使用します。

使用方法

mksdcard -l label size file

オプション

mksdcard のコマンドライン オプションについて、以下の表で説明します。

オプション 説明
-l label 作成するディスク イメージのボリューム ラベル。
size 作成するディスク イメージのサイズを指定する整数。size が整数だけの場合、バイト単位でサイズを指定します。size に K、M、G を付加すると、キロバイト単位、メガバイト単位、ギガバイト単位でサイズを指定できます。たとえば、1048576K1024M のように指定します。最小サイズは 9M です。これより小さいイメージは Android Emulator で使用できません。最大サイズは 1,099,511,627,264 バイトです。これは 1,023 GB に相当します。
file 作成するディスク イメージのパス / ファイル名。パスは、現在の作業ディレクトリを基準とする相対パスです。

mySdCardFile.img ディスク イメージを作成します。

mksdcard -l mySdCard 1024M mySdCardFile.img

2 つの AVD を使用して、2 つのエミュレータを起動します。-sdcard フラグを使用して、作成したディスク イメージの名前とパスを指定します。

emulator -avd Pixel_API_25 -sdcard mySdCardFile.img
emulator -avd NEXUS_6_API_25 -sdcard mySdCardFile.img
emulator コマンドとそのオプションの詳細については、コマンドラインからのエミュレータの起動をご覧ください。