Android Studio プレビュー版の新機能

このページでは、Android Studio プレビュー リリースで導入された新機能の一覧を示します。プレビュー ビルドでは、Android Studio の最新機能や改善された機能に早期アクセスできます。プレビュー版はこちらからダウンロードできます。Android Studio のプレビュー版の使用中に問題が発生した場合は、お知らせください。バグレポートは Android Studio の改善に役立てさせていただきます。

Android Studio プレビュー リリースの最新情報(各プレビュー リリースにおける重要な修正のリストなど)については、Android Studio ブログのリリース アップデート情報をご覧ください。

Android Studio の最新バージョン

次の表に、Android Studio の現行バージョンとそれぞれのチャンネルを示します。

バージョン チャンネル
Android Studio Iguana | 2023.2.1 安定版
Android Gradle プラグイン 8.3.0 安定版
Android Studio Jellyfish | 2023.3.1 Canary 版

Android Gradle プラグイン プレビューとの互換性

Android Studio の各プレビュー版は、対応する Android Gradle プラグイン(AGP)とともに公開されます。Studio のプレビュー版は、AGP の互換性のある安定版の AGP で動作するはずです。ただし、AGP のプレビュー版を使用している場合は、対応するプレビュー版の Studio を使用する必要があります(例: Android Studio Chipmunk Canary 7 と AGP 7.2.0-alpha07)。異なるバージョン(AGP 7.2.0-alpha07 を含む Android Studio Chipmunk ベータ版 1 など)を使用すると、同期が失敗し、対応する AGP バージョンへの更新を求めるメッセージが表示されます。

Android Gradle プラグイン API のサポート終了と削除の詳細なログについては、Android Gradle プラグイン API の更新をご覧ください。

Android Studio Jellyfish | 2023.3.1

Android Studio Jellyfish の新機能は次のとおりです。このバージョンの Android Studio で修正された内容については、クローズされた問題をご覧ください。

Studio Bot のご紹介

Studio Bot は Android 開発のコーディング コンパニオンです。これは、Android Studio の AI を活用した会話エクスペリエンスであり、Android 開発クエリに応答することで生産性を高めることができます。詳細については、Meet Studio Bot をご覧ください。

Android Studio をセーフモードで起動する

Android Studio Hedgehog に、Android Studio をセーフモードで起動する機能が導入されました。このモードは、特定の機能が動作しない場合や IDE 全体が起動できない状況(カスタム構成、環境変数、Android Studio と互換性のないプラグインなど)に遭遇した場合に有用です。

セーフモードを使用すると、IDE が一時的に起動可能な一連のデフォルト構成に戻されるため、そこからトラブルシューティングを行い、問題を特定して機能を復元できます。セーフモードでは、次のような操作を行って、機能が限定された Android Studio を開くことを試みます。

  • サードパーティ プラグインを無効にする
  • バンドルされた Kotlin プラグインを Studio に元々含まれていたバージョンに復元しました
  • studio.vmoptions ファイルなどで、構成を一時的にリセットする
  • 起動を妨げる可能性のある環境変数(JRE_HOMETMP など)を検証する
  • 必要に応じて JRE を互換性のあるバージョンに戻す

Android Studio をセーフモードで起動する手順は次のとおりです。

  1. セーフモード スクリプトを探します。
    • Windows の場合は、AndroidStudio/bin に移動して studio_safe.bat スクリプトを見つけます。
    • macOS の場合、Android Studio/Contents/bin に移動して studio_safe.sh スクリプトを見つけます。
    • Linux の場合は、android-studio/bin に移動して studio_safe.sh スクリプトを見つけます。
  2. スクリプトを実行します。コマンドラインを開き、「studio_safe.bat」(macOS または Linux の場合は studio_safe.sh)と入力して、Enter キーを押します。

Android Studio のデバイス ストリーミングで実際のデバイスにアクセスする

Android Studio のデバイス ストリーミングを使用すると、Google の安全なデータセンターでホストされているリモートの物理的な Android デバイスに安全に接続できます。Firebase を活用すると、Google Pixel 8 Pro、Google Pixel Fold、一部の Samsung デバイスなど、実際のデバイスに対してアプリを迅速かつ簡単にテストできます。

Android Studio でデバイス ストリーミングを使用している様子を描いたアニメーション。

デバイスに接続すると、Android Studio を離れることなく、アプリのデプロイ、ディスプレイの表示、デバイスの操作(デバイスの回転や展開など)、その他 SSL 接続を介した直接 ADB 経由でデバイスを操作できます。デバイスの使用を終了すると、Google はすべてのデータをワイプし、別のデベロッパーが利用できるようにする前にデバイスを出荷時の設定にリセットします。

現在のオープン アルファ版では、Spark プランまたは Blaze プランのいずれかの Firebase プロジェクトで、デバイス ストリーミングを無料でご利用いただけます。まず、Android Studio からデベロッパー アカウントにログインし、Firebase プロジェクトを選択します。Firebase プロジェクトがない場合は、簡単に作成できます。詳しくは、Android Studio でのデバイス ストリーミングをご覧ください。

新しいログインフロー

デベロッパー アカウントで Android Studio にログインすると、App Quality Insights で Firebase Crashlytics と Android Vitals のレポートを表示したり、Android Studio のデバイス ストリーミングを使用して実際のリモート デバイスにアクセスしたり、Studio Bot を使用して高品質のコードを IDE から直接記述したりするなど、Google デベロッパー サービスを利用できます。

Android Studio Jellyfish を使用すると、アカウントの追加と管理が簡単になり、各機能に必要な権限のみを IDE に提供できます。開始するには、次のいずれかを行います。

  • 前述の機能のいずれかに移動し 画面の指示に沿って ログインして必要な権限を付与します
  • すでにログインしている場合は、[設定] > [設定] > [ツール] > [Google アカウント] に移動して、アカウントと権限を管理できます。

Compose UI チェックの新しい色覚異常チェック

Compose UI チェックには、新しいカラーブラインド シミュレーションとチェックが含まれており、すべてのユーザーが視覚的にアクセス可能なエクスペリエンスを作成できます。Compose プレビューから UI チェックモードに入るだけで、さまざまな種類のカラービジョンの欠陥で Compose UI を表示し、デザインが明確で使いやすい状態を維持できます。

Compose UI Check Colorblind の例

Gemini API テンプレートを使用して生成 AI アプリを作成する

Android Studio で Google AI SDK を使用して生成 AI を実装するアプリを作成できるようになりました。Android Studio の Gemini API テンプレートを使用すると、テキスト生成や画像認識に依存する機能など、AI を活用した機能をアプリに組み込んで、ユーザーの満足度を高めることができます。

使用を開始する方法については、Android Studio で初めての生成 AI アプリを作成するをご覧ください。

Android Gradle プラグインの動作変更

Android Gradle プラグイン 8.4.0-alpha04 以降では、Android ライブラリ プロジェクトを圧縮すると、圧縮されたプログラム クラスがプロジェクト間で公開するために公開されます。つまり、アプリが圧縮バージョンの Android ライブラリ サブプロジェクトに依存している場合、APK には圧縮された Android ライブラリ クラスが含まれます。APK 内に欠落しているクラスがある場合、ライブラリ保持ルールの調整が必要になることがあります。

AAR をビルドして公開する場合、ライブラリが依存しているローカル jar は圧縮されずに AAR に含まれます。つまり、コード圧縮ツールは実行されません。

以前の動作に戻すには、gradle.properties で android.disableMinifyLocalDependenciesForLibraries を設定し、バグを報告してください。AGP の今後のバージョンでは、このフラグが削除されます。

デバイスのミラーリングを使用して音声をリダイレクトする

Android Studio Jellyfish Canary 5 以降では、接続された実機からパソコンのスピーカーやヘッドフォンにオーディオをリダイレクトできます。オーディオ リダイレクトを使用すると、ヘッドフォンをパソコンに接続したまま、パソコンと接続済みのスマートフォンの両方で音声を聞くことができます。デバイス同士を手動で再接続する必要はありません。オーディオ リダイレクトを有効にするには、[Android Studio] > [Settings] > [Tools] > [Device Mirroring] に移動し、[Redirect Audio from local devices] を選択します。Android 12 以降を搭載した Firebase Test Lab デバイスでは、設定に関係なく常に音声がリダイレクトされることに注意してください。