アプリを Google Play Console にアップロードする

[アプリのリリース バージョンに署名](/studio/publish/app-signing#sign-apk)したら、アプリを Google Play にアップロードし、検査とテストを行って公開します。始める前に、以下の要件を満たしていることを確認してください。

  • Google Play アプリ署名への登録が完了している。2021 年 8 月以降、新規のアプリをアップロードして署名する場合はこの登録が必須となりました。
  • アプリが Google Play のサイズ要件を満たしている。 Google Play でサポートされる圧縮アプリ ダウンロードのサイズは 150 MB 以下です。詳細については、圧縮ダウンロード サイズの制限をご覧ください。

上記の要件を満たしていることを確認できたら、Google Play Console にアプリをアップロードします。

このページでは、アップロード後に App Bundle をテストおよびアップデートする方法についても説明します。

Bundle エクスプローラを使用して APK を検査する

アプリを Android App Bundle としてアップロードすると、アプリがサポートするすべてのデバイス設定を対象とする分割 APK とマルチ APK が自動的に生成されます。Google Play Console の App Bundle エクスプローラを使用すると、Google Play によって生成されるすべての APK アーティファクトを表示したり、サポート対象デバイスや APK サイズの節約などに関するデータを検査したりできるほか、生成された APK をダウンロードしてローカルでデプロイおよびテストすることもできます。

Bundle エクスプローラの詳細については、Google Play Console ヘルプの App Bundle エクスプローラでアプリのバージョンを調べるをご覧ください。

アプリを内部でテストする

アプリを内部で共有してテストする方法はいくつかあります。

それぞれにメリットがあります。チームに最適な方法を選択してください。

  • Firebase App Distribution を使用すると、あらゆる種類のビルドをデプロイし、ユーザーのリストに基づいて配布できます。テスターが特定のビルドにアクセスしてテストできるため、継続的インテグレーション システムからビルドを配布する場合に適しています。

  • Google Play Console の内部トラックを使用すると、アルファ版やベータ版のトラックによりも迅速にデプロイでき、定期購入、アプリ内購入、広告などのサービスにもアクセスできます。また、Google Play Console の署名と圧縮も行われるため、Play ストアでエンドユーザーに配布する際の容量に最も近くなります。Play ストアの審査を延期できるため、審査の完了を待つ必要もありません。ただし、Play ストアでエンドユーザーに完全に配布するためには、アプリの審査が完了している必要があります。

App Bundle をアップデートする

Google Play Console にアップロード済みのアプリをアップデートするには、ベース モジュールに含まれているバージョン コードを増やし、新しい App Bundle をビルドしてアップロードする必要があります。アップロードすると、Google Play が新しいバージョン コードを使用した更新版の APK を生成し、必要に応じてユーザーに配信します。