Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Savedstate

プロセスの終了時に UI の状態を保存し、プロセスの再開時にその状態を復元するプラグイン可能なコンポーネントを作成します。
最新の更新 現在の安定版リリース 次のリリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2020 年 10 月 1 日 1.0.0 - 1.1.0-beta01 -

依存関係の宣言

SavedState への依存関係を追加するには、Google の Maven リポジトリをプロジェクトに追加する必要があります。詳しくは、Google の Maven リポジトリをご覧ください。

アプリまたはモジュールの build.gradle ファイルに、必要なアーティファクトの依存関係を追加します。

dependencies {
    // Java language implementation
    implementation "androidx.savedstate:savedstate:1.0.0"

    // Kotlin
    implementation "androidx.savedstate:savedstate-ktx:1.1.0-beta01"
}

依存関係について詳しくは、ビルド依存関係の追加をご覧ください。

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

バージョン 1.1.0

バージョン 1.1.0-beta01

2020 年 10 月 1 日

androidx.savedstate:savedstate:1.1.0-beta01androidx.savedstate:savedstate-ktx:1.1.0-beta01 がリリースされました。1.1.0-alpha01 からの変更はありません。バージョン 1.3.0-beta01 に含まれるコミットについては、こちらをご覧ください

バージョン 1.1.0-alpha01

2020 年 5 月 20 日

androidx.savedstate:savedstate:1.1.0-alpha01androidx.savedstate:savedstate-ktx:1.1.0-alpha01 がリリースされました。バージョン 1.1.0-alpha01 に含まれるコミットについては、こちらをご覧ください

新機能

  • 新しい ViewTreeSavedStateRegistryOwner.get(View) API を使用すると、View インスタンスを指定して、含まれている SavedStateRegistry を取得できます。これを正しく入力するには、Activity 1.2.0-alpha05Fragment 1.3.0-alpha05AppCompat 1.3.0-alpha01 にアップグレードする必要があります(aosp/1298679)。
  • 新しい savedstate-ktx アーティファクトと、ViewTreeSavedStateRegistryOwner を操作するための findViewTreeSavedStateRegistryOwner() Kotlin 拡張機能が追加されました(aosp/1299434)。

バージョン 1.0.0

バージョン 1.0.0

2019 年 9 月 5 日

androidx.savedstate:savedstate:1.0.0 がリリースされました。このバージョンに含まれる commit については、こちらをご覧ください。

SavedState 1.0.0 の主な機能

androidx.savedstate が安定版リリースに進みました。これは、デベロッパーがコンポーネントを restore / saveInstanceState プロセスにプラグインできるようにする API のセットです。この API のメインのエントリ ポイントは SavedStateRegistry です。consumeRestoredStateForKey を使用して以前に保存された状態を取得する方法を提供し、また registerSavedStateProvider にコールバックを登録して、保存された状態をシステムのリクエストに応じて提供します。

バージョン 1.0.0-rc01

2019 年 7 月 2 日

androidx.savedstate:savedstate:1.0.0-rc01 がリリースされました。このバージョンに含まれるコミットについては、こちらをご覧ください。

バグの修正

  • 正しくない ProGuard ルールを修正しました(b/132655499

バージョン 1.0.0-beta01

2019 年 5 月 7 日

androidx.savedstate:savedstate:1.0.0-beta01 がリリースされました。このバージョンに含まれる commit については、こちらをご覧ください。

バージョン 1.0.0-alpha02

2019 年 3 月 13 日

androidx.savedstate:savedstate:1.0.0-alpha02 がリリースされました。androidx.savedstate:savedstate は、アーティファクト androidx.savedstate:savedstate-bundleandroidx.savedstate:savedstate-common を組み合わせて 1 つのアーティファクトにします。これは、savedstate インフラストラクチャを簡素化し、SavedStateRegistry からジェネリックを削除することが決まったためです。したがって、個別のモジュールは必要ありません。

このバージョンに含まれる commit の完全なリストについては、こちらをご覧ください。

新機能

  • SavedStateRegistry.runOnNextRecreaction(Class<? extends AutoRecreated> clazz ) が追加されました。指定されたクラスがインスタンス化され、所有するコンポーネントが再起動されると AutoRecreated.onRecreated メソッドが実行されます。

API の変更

  • SavedStateRegistry<T> からジェネリックを削除しました。
  • AbstractSavedStateRegistry と BundlableSavedStateRegistry を削除しました。代わりにシンプルな SavedStateRegistry を使用します。
  • BundleSavedStateRegistryOwner の名前を SavedStateRegistryOwner に変更しました。

バージョン 1.0.0-alpha01

2018 年 12 月 17 日

これは SavedState の最初のリリースです。

新機能

androidx.savedstate は、デベロッパーがコンポーネントを restore / saveInstanceState プロセスにプラグインできるようにする新しいアルファ版 API のセットです。この API のメインのエントリ ポイントは SavedStateRegistry<T> です。consumeRestoredStateForKey を使用して以前に保存された状態を取得する方法を提供し、また registerSavedStateProvider にコールバックを登録して、保存された状態をシステムのリクエストに応じて提供します。