The Android Developer Challenge is back! Submit your idea before December 2.

ホーム画面のコンテンツを推奨する

Android TV のホーム画面には、チャンネルとプログラムを通じておすすめのコンテンツが表示されます。チャンネルはホーム画面に個別の行として表示されます。各チャンネルには、そのチャンネルで視聴できるすべての番組を表示するカードがあります。

アプリには少なくとも 1 つのチャンネルが必要です。アプリが作成する最初のチャンネルはデフォルトのチャンネルになり、Android TV はそのチャンネルをホーム画面に自動的に表示します。アプリは他のチャンネルを提供できますが、ユーザーはそれらのチャンネルを選択して承認してからホーム画面に追加する必要があります。

アプリにテレビ番組、映画、またはその他の動画コンテンツが含まれている場合は、動画プレビューをサポートし、次のおすすめチャンネルと統合することをおすすめします。次のおすすめチャンネルは、Android システムによって制御されます。アプリでは、ユーザーによって興味があるとマークされたプログラム、視聴途中のプログラム、視聴中のプログラムに関連するプログラム(次のエピソードやシーズンなど)などを、次のおすすめチャンネルに追加できます。

互換性の確認

ホーム画面には、Android のバージョンに応じて 2 つの異なる方法でおすすめが表示されます。

  • Android 8.0(API レベル 26)以降では、アプリは別々の行に表示される 1 つまたは複数のチャンネルでおすすめを表示できます。1 つのチャンネル(デフォルトのチャンネル)が常に表示されます。ユーザーは、見つけた他のチャンネルをホーム画面に追加できます。ホーム画面におすすめチャンネルを作成する方法をご覧ください。
  • Android 8.0 以前では、Android TV は画面に表示される 1 つの行にすべてのおすすめが表示されます。ホーム画面でおすすめの行を作成する方法をご覧ください。

Android TV のすべてのバージョンでおすすめを表示できるようにするには、アプリに両方のおすすめの API を実装する必要があります。現在のシステムの API レベルをテストし、適切な API を使用しておすすめの行またはチャンネルを作成します。

Kotlin

    if (android.os.Build.VERSION.SDK_INT >= Build.VERSION_CODES.O) {
      // Use the home screen recommendation channels API
    } else {
      // Use the recommendations row API
    }
    

Java

    if (android.os.Build.VERSION.SDK_INT >= Build.VERSION_CODES.O) {
      // Use the home screen recommendation channels API
    } else {
      // Use the recommendations row API
    }
    

API レベル 25 以前を使用してアプリをコンパイルした場合でも、Android TV のレベル 26 で実行できます。以前のおすすめの動作には上位互換性がありますが、制約があります。

  • おすすめの行は自動的に変換され、ホーム画面に新しいチャンネルとして表示されます。
  • 変換されたチャンネルのプログラムは、おすすめのサービスからの更新に応答しますが、ユーザーはテレビの UI を使用してチャンネルのプログラムを操作することはできません(プログラムの追加と削除、次のおすすめチャンネルへのプログラムのコピー)。
  • アプリを API レベル 26 に更新しても、変換されたチャンネルは API 26 を実行しているテレビに引き続き表示されます。新しい API で作成されたチャンネルを初めて表示するとき、アプリは変換されたチャンネルを画面から削除します。これは、アプリがデフォルトのチャンネルを作成する際、またはアプリで作成した他のチャンネルをユーザーが選択して追加する際に発生します。