TV 再生アプリを作成する

メディア ファイルのブラウジングと再生には、TV アプリが提供するユーザー エクスペリエンスによって左右される部分が多くあります。ゼロから開始して、高速でなめらかな魅力あるユーザー エクスペリエンスを確実にビルドするには困難が伴います。アプリの露出するメディア カタログの規模の大小にかかわらず、ユーザーが簡単にオプションをブラウジングでき、希望のコンテンツに辿りつけるようにすることが重要です。

Android のフレームワークでは、v17 leanback サポート ライブラリを使用して TV アプリのユーザー インターフェースをビルドするためのクラスを提供します。このライブラリは、最小限のコーディングで、メディア ファイルのブラウジングと再生用の効率的で親しみやすいインターフェースを作成するためのクラスのフレームワークを提供します。クラスは拡張やカスタマイズができるように設計されており、アプリ独自のユーザー エクスペリエンスを実現できます。

このレッスンでは、TV 向けの Leanback サポート ライブラリを使用して、メディア コンテンツをブラウジングしたり再生したりする TV アプリのビルド方法について説明します。

トピック

カタログ ブラウザを作成する
Leanback サポート ライブラリを使用して、メディア カタログのブラウジング インターフェースをビルドする方法を説明します。
カードビューを提供する
Leanback サポート ライブラリを使用して、コンテンツ アイテムのカードビューをビルドする方法を説明します。
詳細ビューを作成する
Leanback サポート ライブラリを使用して、メディア アイテムの詳細ページをビルドする方法を説明します。
Leanback のトランスポート コントロールを使用する
Leanback サポート ライブラリを使用して、動画プレーヤーのトランスポート コントロールを作成する方法を説明します。
[再生しています] カードを表示する
MediaSession を使用して、[再生しています] カードをホーム画面に表示する方法を説明します。
表示面に動画を直接レンダリングする
アプリでプレビュー動画をホーム画面の表示面に直接レンダリングする方法を説明します。
手順ガイドを追加する
Leanback サポート ライブラリを使用して、ユーザーの意思決定プロセスをサポートする方法を説明します。
初めてのユーザーにアプリを紹介する
Leanback サポート ライブラリを使用して、初めてのユーザーにアプリを最大限に活用する方法を紹介します。
バックグラウンド再生を有効にする
ユーザーが [ホーム] をクリックしたときに再生を続ける方法を説明します。