TV アプリのチェックリスト

TV アプリに一貫性があり、論理的かつ予測可能であれば、ユーザーは TV アプリを楽しむことができます。ユーザーが操作に迷ったり、UI を「リセット」してやり直したりすることなく、アプリ内および Android TV 全体にわたってナビゲートできる必要があります。ユーザーは、魅力的な体験を生み出す、カラフルでわかりやすい機能的なインターフェースを好みます。こうしたアイデアを参考にすることで、ユーザーの期待どおりに動作する、Android TV にぴったりのアプリを作成できます。

このチェックリストは、アプリおよびゲーム開発の主要な要素を対象としています。また、アプリのエクスペリエンスを最大限に高めるためのガイドラインも紹介します。ゲームのみを対象とするその他の考慮事項については、ゲームのセクションをご覧ください。

Google Play の Android TV アプリに必要な条件については、TV アプリの品質をご覧ください。

TV のフォーム ファクタのサポート

以下のチェックリスト項目は、ゲームアプリに適用されます。

  • マニフェストの CATEGORY_LEANBACK_LAUNCHER フィルタで主な TV アクティビティを指定します。
  • アプリがサポートする各言語用にホーム画面バナーを用意します。
    • ランチャー アプリのバナーの大きさは 320x180 ピクセル
    • バナーのリソースは drawables/xhdpi ディレクトリに格納する
    • バナーの画像にローカライズしたテキストを含めて、アプリを特定できるようにする
  • サポート対象外の可能性があるハードウェアの要件を宣言しないようにします。
  • 権限からハードウェア要件がわからないようにします。

ユーザー インターフェースの設計

以下のチェックリスト項目は、ゲームアプリに適用されます。

検索とコンテンツの発見

以下のチェックリスト項目は、ゲームアプリに適用されます。

  • アプリからの検索結果を Android TV のグローバル検索ボックスに表示します。
  • TV 固有のデータ フィールドを検索用に用意します。
  • 発見したコンテンツをアプリの詳細画面に表示して、ユーザーがその画面からコンテンツをすぐに視聴できるようにします。

TV のホーム画面

以下のチェックリスト項目は、ホーム画面のレイアウトとコンテンツに適用されます。

チャンネル

  • 各チャンネルには、チャンネルのコンテンツを表すわかりやすい名前を付ける必要があります。アプリの名前をチャンネル名として使わないでください。
  • チャンネル名は、ユーザーとのなんらかのやり取りが行われるまで変更しないようにします。
  • 各チャンネルに関連するアイコンを含める必要があります。アイコンをアプリの正式なアイコンにする必要はありませんが、チャンネル内のコンテンツのブランドを表すものになる場合があります。
  • 各チャンネルはユニークである必要があります。また、次のおすすめの行に似た機能にならないようにする必要があります。たとえば、ユーザーが中止した動画の視聴を再開するためのチャンネルは、チャンネルの有効な用途ではありません。

チャンネルのコンテンツ

  • チャンネル内の各プログラムにコンテンツを 1 つ含める必要があります。プログラムに動画のコレクションを含めてはなりません。
  • プログラムをプロモーション メッセージや広告にしないでください。
  • プログラムには適切な説明を含める必要があります。また、プログラムのメタデータを適切にマッピングする必要があります。たとえば、タイトルが表示されるはずの場所にコンテンツのレーティングを表示しないでください。
  • コンテンツを表すプレビュー画像を切り抜いたり引き伸ばしたりしないでください。プレビュー画像は、使用可能なアスペクト比のいずれかに収まる必要があります。
  • ユーザーがプログラムを選択したら、すぐに開始する必要があります。

次のおすすめ

  • ユーザーがなんらかの方法で次のおすすめの行を操作していない限り、次のおすすめの行にコンテンツを追加しないでください。たとえば、ユーザーが現在視聴しているシリーズの次のエピソードを追加することはできますが、ユーザーが現在のシリーズを見終わったときに関連する別のシリーズを追加してはなりません。
  • 次のおすすめのコンテンツには、従来のテレビ番組、映画、またはイベントを指定する必要があります。次のおすすめの行にクリップを追加しないでください。

ゲーム

以下のチェックリスト項目は、ゲームに適用されます。

  • ゲームは、ホーム画面のゲーム セクションに表示する必要があります。また、マニフェストで isGame フラグを設定します。
  • ゲーム コントローラのサポートが開始ボタン、選択ボタン、メニューボタンに依存しないようにします(すべてのコントローラにこれらのボタンがあるわけではありません)。
  • ゲームボタンのマッピングの表示には、一般的なゲームパッドのグラフィックを使用します(特定のブランドのコントローラを使用しない)。
  • イーサネットと Wi-Fi の両方の接続を確認します。
  • わかりやすいアプリの終了方法をユーザーに提供します。