Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Test

Android でテストを実施します。
最新の更新 現在の安定版リリース 次のリリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2020 年 10 月 20 日 1.3.0 - - 1.3.1-alpha02

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

バージョン 1.3.1

バージョン 1.3.1-alpha02

2020 年 10 月 20 日

これは AndroidX Test 1.3.1 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.1-alpha02
  • Espresso 3.4.0-alpha02
  • Intents 3.4.0-alpha02
  • JUnit 1.1.3-alpha02
  • Monitor 1.3.1-alpha02
  • Orchestrator 1.3.1-alpha02
  • Runner 1.3.1-alpha02
  • Rules 1.3.1-alpha02
  • Truth 1.3.1-alpha02
  • Test Services 1.3.1-alpha02

1.3.1-alpha01 リリース以降の変更の概要は次のとおりです。

新機能

  • より適切なエラー メッセージ機能を提供する新しい Espresso BoundedDiagnosingMatcher 基本クラス API を早期に確認できます。

バグの修正

  • API 30 の orchestrator clearPackageData を修正(#743)

バージョン 1.3.1-alpha01

2020 年 10 月 15 日

これは AndroidX Test 1.3.1 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.1-alpha01
  • Espresso 3.4.0-alpha01
  • Intents 3.4.0-alpha01
  • JUnit 1.1.3-alpha01
  • Monitor 1.3.1-alpha01
  • Orchestrator 1.3.1-alpha01
  • Runner 1.3.1-alpha01
  • Rules 1.3.1-alpha01
  • Truth 1.3.1-alpha01
  • Test Services 1.3.1-alpha01

1.3.0 リリース以降の変更の概要は次のとおりです。

新機能

  • ネガティブな条件用に Espresso ViewMatcher API を追加
  • Espresso IdlingRegistry からの Looper の登録解除を許可
  • java.util.ServiceLoader による junit runListeners の指定をサポート

バグの修正

  • テスト失敗時の大規模なスタック トレースの処理を改善(#729、#269)
    • テストランナー フレームワークに関連するスタック フレームを削除
    • バインダ制限によるトランザクション エラーを回避するため、スタック トレースを上限の 64 KB で切り捨て
  • Espresso: アクティビティが存在しない場合のエラー メッセージ機能を改善
  • Instrumentation#runOnMainSync 例外エラー処理を改善
  • targetSdk 30 を使用している場合の Orchestrator の問題を修正するため、Orchestrator と Services のパッケージ可視性エントリを追加(#743)
  • -e timeout_msec と AndroidJUnit4 についてドキュメントを改善
  • ActivityOptions を BootstrapActivity に送信(#685)
  • Matcher.describeMismatch を使用可能にすることにより、ViewMatchers#assertThat のエラー メッセージ機能を改善
  • espresso をリモートで使用する場合に desugar の ThrowableExtension エラーが欠落する問題を修正(issuetracker.google.com/170228109)
  • androidx.test.espresso.web.bridge クラスを含めることにより、Android API 19 未満の espresso ウェブを修正

バージョン 1.3.0

バージョン 1.3.0

2020 年 8 月 25 日

これは AndroidX Test 1.3.0 の安定版リリースです。次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.0
  • Espresso 3.3.0
  • Intents 3.3.0
  • JUnit 1.1.2
  • Monitor 1.3.0
  • Orchestrator 1.3.0
  • Runner 1.3.0
  • Rules 1.3.0
  • Truth 1.3.0
  • Test Services 1.3.0

1.3.0-rc03 からの変更はありません。1.2.0 リリース以降の変更の概要は次のとおりです。

新機能

  • SdkSuppress#codeName を用いたプレリリース SDK によるフィルタリングをサポート
  • Location の truth 拡張機能を追加
  • バンドル文字列と解析可能な配列の truth アサーションを追加
  • ActivityScenario で ActivityOptions をサポート
  • アクティビティのライフサイクルの遷移タイムアウトを構成可能にする
  • 暗黙的インテントによって開始される Activity を処理。(修正 #496)
  • BundleMatchers.isEmpty() メソッドと isEmptyOrNull() メソッドを追加
  • Intents.init を使用しない Intents.release を許可
  • ViewMatchers.isFocused() を追加

API の変更

  • ActivityTestRule のサポートを終了し、ActivityScenario/ActivityScenarioRule に置き換えました。
  • ServiceTestRule のサブクラスがタイムアウトをカスタマイズできるようになります。

バグの修正

  • パラメータ化メソッドのフィルタリングを修正
    • これにより、Orchestrator でのパラメータ化されたテストの実行も修正(#215、https://issuetracker.google.com/119838413)
  • API 29 での実行時にランタイム権限ダイアログが表示される問題を修正
  • ActivityScenario で使用される空のアクティビティの開始と終了のアニメーションをスキップ。(修正 #411)
  • 暗黙的インテントによって開始される Activity を処理。(修正 #496)
  • Kotlin パッケージ名を一意にし、AGP 4.1 でビルドする際のログスパムを修正(#680)
  • クラスパス上にある場合は、AndroidJUnit4 ランナーの RobolectricTestRunner にのみデリゲート
  • Espresso contrib: RecyclerView.findViewHolderForPosition メソッドの使用法を置換に変更
  • AccessibilityChecks を有効にしたテスト時の NoSuchMethodError を修正(#376)
  • Espresso がアイドリング リソースではなくメッセージを処理しているためにビジー状態になった場合のエラー メッセージを修正
  • スケールが負のビューで ViewMatchers.isDisplayingAtLeast() が機能するよう修正
  • WithIdMatcher のエラー メッセージ機能を強化
  • waitForAtLeastOneActivityToBeResumed で不要な待機を削除
  • ACTION_UP に正しいメタ状態を設定
  • androidx_test_espresso_contrib_drawer_layout_tag フィールドの欠落を修正(#671)
  • AndroidJUnitRunner でのクラスパス スキャンエラー処理を改善: 「クラスが見つからない」と「リンクエラー」をすべて無視(修正: #439)
  • RunnerArgs から RunListener を作成する前に、InstantationRegistry を初期化

依存関係の変更

  • Truth: com.google.truth:truth:1.0 と com.google.guava:guava:27.0.1-android に更新

バージョン 1.3.0-rc03

2020 年 8 月 5 日

これは AndroidX Test 1.3.0 の 3 番目のリリース候補です。次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.0-rc03
  • Espresso 3.3.0-rc03
    • 以前のリリース候補版とベータ版のビルドに誤って含まれていた、リリースの準備が整っていない一部の API を削除
  • Intents 3.3.0-rc03
    • 以前のリリース候補版とベータ版のビルドに誤って含まれていた、リリースの準備が整っていない一部の API を削除
  • JUnit 1.1.2-rc03
  • Monitor 1.3.0-rc03
  • Orchestrator 1.3.0-rc03
  • Runner 1.3.0-rc03
  • Rules 1.3.0-rc03
  • Truth 1.3.0-rc03
  • Test Services 1.3.0-rc03

バージョン 1.3.0-rc02

2020 年 7 月 28 日

これは AndroidX Test 1.3.0 の 2 番目のリリース候補です。次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.0-rc02
    • Kotlin パッケージ名を一意にし、AGP 4.1 でビルドする際のログスパムを修正(#680)
  • Espresso 3.3.0-rc02
    • androidx_test_espresso_contrib_drawer_layout_tag フィールドの欠落を修正(#671)
  • Intents 3.3.0-rc02
  • JUnit 1.1.2-rc02
  • Monitor 1.3.0-rc02
  • Orchestrator 1.3.0-rc02
  • Runner 1.3.0-rc02
  • Rules 1.3.0-rc02
    • ActivityTestRule->ActivityScenario の変換に関するヒントを追加
  • Truth 1.3.0-rc02
  • Test Services 1.3.0-rc02

バージョン 1.3.0-rc01

2020 年 5 月 28 日

これは AndroidX Test 1.3.0 のリリース候補です。次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.0-rc01
  • Espresso 3.3.0-rc01
    • パッケージ名を一意にし、AGP 4.1 でビルドする際のログスパムを修正(#573)
  • Intents 3.3.0-rc01
  • JUnit 1.1.2-rc01
  • Monitor 1.3.0-rc01
    • パッケージ名を一意にし、AGP 4.1 でビルドする際のログスパムを修正(#573)
  • Orchestrator 1.3.0-rc01
  • Runner 1.3.0-beta01
    • パッケージ名を一意にし、AGP 4.1 でビルドする際のログスパムを修正(#573)
  • Rules 1.3.0-rc01
    • パッケージ名を一意にし、AGP 4.1 でビルドする際のログスパムを修正(#573)
  • Truth 1.3.0-rc01
  • Test Services 1.3.0-rc01

バージョン 1.3.0-beta02

2020 年 5 月 20 日

これは AndroidX Test 1.3.0 のベータ版リリースです。新しい API の変更はほとんどありません。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.0-beta02
  • Espresso 3.3.0-beta02
  • Intents 3.3.0-beta02
  • JUnit 1.1.2-beta02
  • Monitor 1.3.0-beta02
  • Orchestrator 1.3.0-beta02
  • Runner 1.3.0-beta01
    • Orchestrator でのパラメータ化されたテストの実行を修正(#215、https://issuetracker.google.com/119838413)
  • Rules 1.3.0-beta02
  • Truth 1.3.0-beta02
  • Test Services 1.3.0-beta02
    • API 29 での実行時にランタイム権限ダイアログが表示される問題を修正

バージョン 1.3.0-beta01

2020 年 4 月 20 日

これは AndroidX Test 1.3.0 のベータ版リリースです。新しい API の変更はほとんどありません。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.0-beta01
  • Espresso 3.3.0-beta01
    • ViewMatchers.isFocused() を追加する
    • WithIdMatcher のエラー メッセージ機能を強化する
  • Intents 3.3.0-beta01
    • Intents.init を使用しない Intents.release を許可する
  • JUnit 1.1.2-beta01
  • Monitor 1.3.0-beta01
  • Orchestrator 1.3.0-beta01
  • Runner 1.3.0-beta01
    • クラスパス上にある RobolectricTestRunner にのみデリゲートする
    • SdkSuppress#codeName を用いたプレリリース SDK によるフィルタリングをサポートする
  • Rules 1.3.0-beta01
    • ActivityTestRule のサポートを終了する
  • Truth 1.3.0-beta01
    • LocationSubject を isEequTo にオーバーライドする
  • テストサービス 1.3.0-beta01

バージョン 1.3.0-alpha05

2020 年 3 月 17 日

これは AndroidX Test 1.3.0 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.0-alpha05
    • ActivityScenario で使用される空のアクティビティの開始と終了のアニメーションをスキップ。(修正 #411)
    • 暗黙的インテントによって開始される Activity を処理。(修正 #496)
  • Espresso 3.3.0-alpha05
    • ViewMatchers.isDisplayingAtLeast() は、スケールが負のビューで機能します。
    • waitForAtLeastOneActivityToBeResumed で不要な待機を削除。
    • ACTION_UP に正しいメタ状態を設定
  • Intents 3.3.0-alpha05
  • JUnit 1.1.2-alpha05
  • Monitor 1.3.0-alpha05
  • Orchestrator 1.3.0-alpha05
  • Runner 1.3.0-alpha05
    • クラスパスのスキャンのテスト時に、LinkageError のすべての例外を無視。(修正 #439)
    • RunnerArgs から RunListener を作成する前に、InstantationRegistry を初期化
  • Rules 1.3.0-alpha05
  • Truth 1.3.0-alpha05
  • テストサービス 1.3.0-alpha05

バージョン 1.3.0-alpha04

2020 年 2 月 20 日

これは AndroidX Test 1.3.0 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.0-alpha04
  • Espresso 3.3.0-alpha04
    • Espresso がアイドリング リソースではなくメッセージを処理しているためにビジー状態になった場合のエラー メッセージを修正
  • Intents 3.3.0-alpha04
  • JUnit 1.1.2-alpha04
  • Monitor 1.3.0-alpha04
  • Orchestrator 1.3.0-alpha04
  • Runner 1.3.0-alpha04
    • StrictMode 違反が発生した場合に、テストが失敗したと報告するように AndroidJUnitRunner を修正
    • 診断しやすくするために JUnit4 テストクラスの形式が誤っている場合の情報を追加
  • Rules 1.3.0-alpha04
  • Truth 1.3.0-alpha04
  • Test Services 1.3.0-alpha04
    • テストサービスにテスト ストレージ サービスを追加

バージョン 1.3.0-alpha04 に含まれるコミットの完全なリストをご覧ください。

バージョン 1.3.0-alpha03

2019 年 12 月 3 日

これは AndroidX Test 1.3.0 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.3.0-alpha03
    • ActivityScenario で ActivityOptions をサポート
  • Espresso 3.3.0-alpha03
    • AccessibilityChecks を有効にしたテスト時の NoSuchMethodError を修正(#376)
  • Intents 3.3.0-alpha03
  • JUnit 1.1.2-alpha03
  • Monitor 1.3.0-alpha03
  • Orchestrator 1.3.0-alpha03
  • Runner 1.3.0-alpha03
    • クラスパスのスキャンのテスト時に NoClassDefFoundErrors を無視
    • 未処理の例外に対するエラー処理を改善
    • runner 引数を使用して「waitForActivitiesToComplete」のオプトアウトを許可
  • Rules 1.3.0-alpha03
  • Truth 1.3.0-alpha03
    • null による動作を改善するために Location 拡張機能を更新
    • stringArrayList メソッドと parcelableArrayList メソッドを BundleSubject に追加

バージョン 1.2.1

バージョン 1.2.1-alpha02

2019 年 7 月 15 日

これは AndroidX Test 1.2.1 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.2.1-alpha02
    • アクティビティのライフサイクルの遷移タイムアウトを構成可能にする
  • Espresso 3.3.0-alpha02
  • Intents 3.3.0-alpha02
    • BundleMatchers.isEmpty() メソッドと isEmptyOrNull() メソッドを追加
  • JUnit 1.1.2-alpha02
  • Monitor 1.3.0-alpha02
  • Orchestrator 1.3.0-alpha02
  • Runner 1.3.0-alpha02
  • Rules 1.3.0-alpha02
  • Truth 1.3.0-alpha02
    • com.google.truth:truth:1.0 と com.google.guava:guava:27.0.1-android にアップデート

バージョン 1.2.1-alpha01

2019 年 6 月 17 日

これは AndroidX Test 1.2.1 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.2.1-alpha01
    • ビルド警告「Invalid parameter counts in MethodParameter attributes」に対するツールチェーンの修正を含みます。
  • Espresso 3.3.0-alpha01
    • contrib: RecyclerView.findViewHolderForPosition メソッドの使用法を置換に置き換えます。
  • Intents 3.3.0-alpha01
  • JUnit 1.1.2-alpha01
  • Monitor 1.3.0-alpha01
  • Orchestrator 1.3.0-alpha01
  • Runner 1.3.0-alpha01
  • Rules 1.3.0-alpha01
    • ServiceTestRule のサブクラスがタイムアウトをカスタマイズできるようになります。
  • Truth 1.3.0-alpha01
    • Location の truth 拡張機能を追加

バージョン 1.2.0

バージョン 1.2.0

2019 年 5 月 29 日

これは AndroidX Test 1.2.0 の安定版リリースです。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.2.0
  • Espresso 3.2.0
  • Intents 3.2.0
  • JUnit 1.1.1
  • Monitor 1.2.0
  • Orchestrator 1.2.0
  • Runner 1.2.0
  • Rules 1.2.0
  • Truth 1.2.0

バージョン 1.2.0-beta01

2019 年 5 月 6 日

これは AndroidX Test 1.2.0 のベータ版リリースです。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.2.0-beta01
    • テストで複数の ActivityScenario が使用される状況を、より適切に処理します。
  • Espresso 3.2.0-beta01
  • Intents 3.2.0-beta01
  • JUnit 1.1.1-beta01
  • Monitor 1.2.0-beta01
    • Instrumentation.runOnMainSync() が呼び出し元のスレッドに例外を返します。
  • Orchestrator 1.2.0-beta01
  • Runner 1.2.0-beta01
  • Rules 1.2.0-beta01
  • Truth 1.2.0-beta01

バージョン 1.2.0-alpha05

2019 年 4 月 30 日

これは AndroidX Test 1.2.0 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.2.0-alpha05
    • ActivityScenario#onActivity をメインスレッドから呼び出し可能にします。
  • Espresso 3.2.0-alpha05
    • openActionBarOverflowOrOptionsMenu のさらなるデフレーク
  • Intents 3.2.0-alpha05
  • JUnit 1.1.1-alpha05
  • Monitor 1.2.0-alpha05
  • Orchestrator 1.2.0-alpha05
  • Runner 1.2.0-alpha05
  • Rules 1.2.0-alpha05
  • Truth 1.2.0-alpha05
    • アップストリームの Google Truth 0.44 への更新

バージョン 1.2.0-alpha04

2019 年 4 月 18 日

これは AndroidX Test 1.2.0 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.2.0-alpha04
  • Espresso 3.2.0-alpha04
    • openActionBarOverflowOrOptionsMenu のデフレーク
    • androidx.test にフックを追加して、ローカルテスト環境用に変更されたウィンドウ フォーカスをシミュレートします。
  • Intents 3.2.0-alpha04
  • JUnit 1.1.1-alpha04
  • Monitor 1.2.0-alpha04
  • Orchestrator 1.2.0-alpha04
  • Runner 1.2.0-alpha04
    • 従来の android.test クラスが存在しない場合に androidx.test が機能します。
  • Rules 1.2.0-alpha04
  • Truth 1.2.0-alpha04

バージョン 1.2.0-alpha03

2019 年 4 月 7 日

これは AndroidX Test 1.2.0 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.2.0-alpha03
    • ActivityScenario に getState() API を追加
  • Espresso 3.2.0-alpha03
    • Matcher ではなく Matcher<?> を受け入れるように WithTagKeyMatcher を変換
    • Espresso のセットアップ ドキュメントへのリンクを更新
    • 異なるロケールでの実行時のデバッグ ロギングを修正
  • Intents 3.2.0-alpha03
  • JUnit 1.1.1-alpha03
  • Monitor 1.2.0-alpha03
    • Robolectric でのメモリリークを防ぐために例外ハンドラをクリアする試み
  • Orchestrator 1.2.0-alpha03
  • Runner 1.2.0-alpha03
    • 指定した正規表現でマッチングするテストを実行するには、tests_regex AJUR オプションを追加します。
  • Rules 1.2.0-alpha03
  • Truth 1.2.0-alpha03
    • ParcelableSubject API を公開
    • BundleSubject#longInt を追加
    • IntentSubject#hasComponent を追加

バージョン 1.1.1

バージョン 1.1.1-alpha02

2019 年 3 月 7 日

これは AndroidX Test 1.1.1 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Espresso 3.2.0-alpha02
  • Intents 3.2.0-alpha02
    • IntentMatchers#filterEquals を追加
    • Intents#intended() でのアクティビティのライフサイクル タイミングに関するバグを修正。アクティビティ状態を確認する前にメインルーパーをアイドル状態にするようになりました。
  • Runner 1.1.2-alpha02
    • パッケージとクラスの両方のフィルタを指定できます。
  • Truth 1.2.0-alpha02
  • JUnit 1.1.1-alpha02
  • Core 1.1.1-alpha02
    • Activity を解決できない場合に RuntimeException をスローします。
  • Monitor 1.1.2-alpha02
    • Robolectric でのメモリリークを防ぐために、キャッチされない例外ハンドラへの参照をクリアします。
  • Rules 1.1.2-alpha02
  • Orchestrator 1.1.2-alpha02

バージョン 1.1.1-alpha01

2019 年 1 月 30 日

これは AndroidX Test 1.1.1 のアルファ版リリースです。新しい API は変更される可能性があります。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Espresso 3.1.2-alpha01
    • メソッド AccessibilityChecks.disable() を追加
  • Intents 3.1.2-alpha01
    • IntentMatchers#hasDataString を追加
    • Intents#intended() でのアクティビティのライフサイクル タイミングに関するバグを修正。アクティビティ状態を確認する前にメインルーパーをアイドル状態にするようになりました。
  • Runner 1.1.2-alpha01
    • AndroidJUnitRunner が、指定されたすべてのアノテーションを持つテストのみを実行するために、-e アノテーション オプションでカンマ区切りのクラスリストを受け入れるようになりました。
  • Truth 1.1.1-alpha01
    • Intent.filterEquals() を使用してインテントを比較するために、filtersEquallyTo() を IntentSubject に追加
  • JUnit 1.1.1-alpha01
  • Core 1.1.1-alpha01
  • Monitor 1.1.2-alpha01
  • Rules 1.1.2-alpha01
  • Orchestrator 1.1.2-alpha01

バージョン 1.1.0

バージョン 1.1.0

2018 年 12 月 13 日

これは AndroidX Test 1.1.0 の安定版リリースです。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Espresso 3.1.1
  • Runner 1.1.1
  • Rules 1.1.1
  • Monitor 1.1.
  • AndroidTestOrchestrator 1.1.1
  • Core 1.1.0
  • Truth 1.1.0
  • JUnit 1.1.0

  • Core 1.1.0

    • ActivityScenario が、別のアクティビティを開始するアクティビティをサポートします。

バージョン 1.1.0-beta01

2018 年 12 月 6 日

これは AndroidX Test 1.1.0 の beta01 リリースです。 次のライブラリのアップデートが含まれています。

  • Core 1.1.0-beta01
    • 新しい kotlin 拡張アーティファクト core-ktx。kotlin 対応の ActivityScenario.launchActivity API が含まれます。
    • カスタム インテントを持つアクティビティを起動するための新しい ActivityScenario API
    • アクティビティ結果を受信するための新しい ActivityScenario API
    • ActivityScenario をクローズ可能にします。
  • Espresso3.1.1-beta01
    • withResourceNameMatcher と HumanReadables を API 28 互換に変更
    • ReplaceTextAction の説明を、stringToBeSet を含めるようにアップデート
    • Robolectric 一時停止ループモードで Espresso をサポート
  • JUnit 1.1.0-beta01
    • 新しい ActivityScenarioRule API。テストのセットアップとティアダウンでアクティビティを自動起動し終了します。
    • 新しい kotlin 拡張アーティファクト junit-ktx。kotlin 対応の ActivityScenarioRule API が含まれます。
  • Runner 1.1.1-beta01
    • パッケージ受信時の -e package と -e testFile の動作を一貫させます。
  • Truth 1.1.0-beta01
    • bool、parcelable、parcelableAsType BundleSubject API を追加
  • Rules 1.1.1-beta01
  • Monitor 1.1.1-beta01
  • AndroidTestOrchestrator 1.1.1-beta01

バージョン 1.0.0

バージョン 1.0.0

2018 年 10 月 24 日

  • すべてのライブラリ
    • minSdkVersion を 14 に設定し、targetSdkVersion を 28 に設定
  • Espresso 3.1.0
    • 非文字列型で機能するように withContentDescription を修正
    • Robolectric で Espresso を使用するためのサポートを追加
    • 問題 73044169: textAllCaps が有効な場合に Espresso ViewMatchers.withText が機能しない
    • モーション イベントのシーケンスを挿入するサポートを追加
  • インテント
    • インテントのリストを取得するためのベータ版 API を追加。新しい truth アサーションでの使用を対象としています。
  • Runner 1.1.0
    • Instant Apps のサポートを追加
    • androidx.test.runner.AndroidJUnit4 のサポートを終了し、androidx.test.ext.junit.runners.AndroidJUnit4 に置き換え
  • Monitor 1.1.0
    • androidx.test.InstrumentationRegistry のサポートを終了し、androidx.test.platform.app.InstrumentationRegistry と androidx.test.core.app.ApplicationProvider に置き換え
  • AndroidTestOrchestrator 1.1.0
    • coverage 引数と coverageFilePath 引数の両方が渡された場合にのみ、オーケストレータ カバレッジ処理を有効にします。
    • -debug が設定されている場合にのみデバッガーを待機し、ATO テストケースのリスティングでは待機しません。オーケストレータ自体のデバッグ用に新しい orchestratorDebug フラグが追加されました。
  • Core 1.0.0
    • 新しいアーティファクト。ローカルテストとデバイス上のテストの両方をサポートする新しい API が含まれます。
      • コンテキストの取得: ApplicationProvider
      • アクティビティのライフサイクルの管理: ActivityScenario(ベータ版)
      • MotionEvent、PackageInfo のビルダー
      • Parceables ユーティリティ クラス
  • Truth 1.0.0
    • 新しいアーティファクト。Notification、Intent、Bundle、Parcelable、MotionEvent のカスタム truth サブジェクトが含まれます。
  • JUnit 1.0.0
    • 新しいアーティファクト。ローカルテストとデバイス上のテストの両方をサポートする JUnit ランナークラス androidx.test.ext.junit.runners.AndroidJUnit4 が含まれます。