Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Collection

  
小規模な既存のコレクションおよび新しいコレクションのメモリへの影響を軽減します。
最新の更新 現在の安定版リリース 次のリリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2019 年 6 月 5 日 1.1.0 - - -

依存関係の宣言

Collection への依存関係を追加するには、Google の Maven リポジトリをプロジェクトに追加する必要があります。詳しくは、Google の Maven リポジトリをご覧ください。

アプリまたはモジュールの build.gradle ファイルに、必要なアーティファクトの依存関係を追加します。

    dependencies {
        def collection_version = "1.1.0"

        // Java language implementation
        implementation "androidx.collection:collection:$collection_version"
        // Kotlin
        implementation "androidx.collection:collection-ktx:$collection_version"
    }
    

依存関係について詳しくは、ビルド依存関係の追加をご覧ください。

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

バージョン 1.1.0

バージョン 1.1.0

2019 年 6 月 5 日

androidx.collection:collection:1.1.0androidx.collection:collection-ktx:1.1.0 がリリースされました。1.1.0 に含まれるコミットについては、こちらをご覧ください。

以下に、1.0.0 から 1.1.0 への変更の概要を示します。

新機能

  • 「collection-ktx」アーティファクトの contains 関数と isNotEmpty 関数に効率の良い実装を使用します(aosp/866529

API の変更

  • putIfAbsentLongSparseArraySimpleArrayMapSparseArrayCompat に追加しました(aosp/772608
  • getOrDefaultSimpleArrayMap に追加しました(aosp/772607
  • 2 つの引数の removeLongSparseArraySimpleArrayMapSparseArrayCompat に追加しました。この機能に対応する KTX 拡張機能のサポートを終了します(aosp/772482
  • 2 つの引数の replaceLongSparseArraySimpleArrayMapSparseArrayCompat に追加しました(aosp/772483
  • 3 つの引数の replaceLongSparseArraySimpleArrayMapSparseArrayCompat に追加しました(aosp/772484
  • 冗長な delete メソッドのサポートを終了します。remove メソッドが同じ API と機能を提供し、専門性の低いマップで使用される API に対応します(aosp/866053

バグの修正

  • ArrayMap.class ではなく SimpleArrayMap.class の配列の内部グローバル キャッシュを同期させるように SimpleArrayMap を変更しました。これにより、SimpleArrayMap だけを使用している場合に、コード圧縮ツールで ArrayMap を削除できます(aosp/934557

バージョン 1.1.0-rc01

2019 年 5 月 7 日

androidx.collection:collection:1.1.0-rc01androidx.collection:collection-ktx:1.1.0-rc01 がリリースされました。このバージョンに含まれるコミットについては、こちらをご覧ください。

新機能

  • 「collection-ktx」アーティファクトの contains 関数と isNotEmpty 関数に効率の良い実装を使用します(aosp/866529

バージョン 1.1.0-beta01

2019 年 4 月 3 日

androidx.collection:collection:1.1.0-beta01androidx.collection:collection-ktx:1.1.0-beta01 がリリースされました。このバージョンに含まれるコミットについては、こちらをご覧ください。

API の変更

  • @RestrictTo 値を変更したと alpha03 リリースノートで述べたメソッドを削除しました。現在に至るまでどの AndroidX ライブラリでも使用されておらず、公開 API にない機能は提供していませんでした。

バグの修正

  • ArrayMap.class ではなく SimpleArrayMap.class の配列の内部グローバル キャッシュを同期させるように SimpleArrayMap を変更しました。これにより、SimpleArrayMap だけを使用している場合に、コード圧縮ツールで ArrayMap を削除できます(aosp/934557

バージョン 1.1.0-alpha03

2019 年 3 月 13 日

androidx.collection:collection:1.0.0-alpha03androidx.collection:collection-ktx:1.0.0-alpha03 がリリースされました。このバージョンに含まれるコミットの完全なリストについては、こちらをご覧ください。

API の変更

  • 以前 @RestrictTo(LIBRARY_GROUP) としてマークされていた ArraySet のメソッドが @RestrictTo(LIBRARY_GROUP_PREFIX) に変更されました。これは、現在は異なる Maven グループ ID にある他の AndroidX ライブラリによる従来どおりの使用をサポートするためです。このメソッドは、1.1.0-alpha04 で公開されるか削除されます。他のデベロッパーが取得しない特別な API を他の AndroidX ライブラリが取得すべきではないためです。

バージョン 1.1.0-alpha02

2019 年 1 月 30 日

androidx.collection:collection 1.1.0-alpha02androidx.collection:collection-ktx 1.1.0-alpha02 がリリースされました。

API の変更

  • 冗長な delete メソッドのサポートを終了します。remove メソッドが同じ API と機能を提供し、専門性の低いマップで使用される API に対応します(aosp/866053

バージョン 1.1.0-alpha01

2018 年 12 月 3 日

API の変更

  • putIfAbsentLongSparseArraySimpleArrayMapSparseArrayCompat に追加しました(aosp/772608
  • getOrDefaultSimpleArrayMap に追加しました(aosp/772607
  • 2 つの引数の removeLongSparseArraySimpleArrayMapSparseArrayCompat に追加しました。この機能に対応する KTX 拡張機能のサポートを終了します(aosp/772482
  • 2 つの引数の replaceLongSparseArraySimpleArrayMapSparseArrayCompat に追加しました(aosp/772483
  • 3 つの引数の replaceLongSparseArraySimpleArrayMapSparseArrayCompat に追加しました(aosp/772484