Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Localbroadcastmanager

このアーティファクトとそのクラスはサポートが終了しました。代わりに、LiveData ストリームまたはリアクティブ ストリームを使用してください。
最新の更新 現在の安定版リリース 次のリリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2018 年 12 月 17 日 1.0.0 - - 1.1.0-alpha01

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

バージョン 1.1.0

バージョン 1.1.0-alpha01

2018 年 12 月 17 日

androidx.localbroadcastmanager はバージョン 1.1.0-alpha01 でサポートが終了しました。

理由

  • LocalBroadcastManager はアプリケーション全体のイベントバスであり、アプリのレイヤ違反を受け入れます。どのコンポーネントも、他のコンポーネントからのイベントをリッスンできます。
  • システム BroadcastManager の不必要なユースケース制限を継承します。オブジェクトが 1 つのプロセスにしか存在せず、プロセスから離れることがない場合でも、デベロッパーは Intent を使用する必要があります。このため、機能面で BroadcastManager に沿っていません。

これらは、混乱を招くデベロッパー エクスペリエンスにつながります。

置き換え

  • LocalBroadcastManager を使用している場合、監視可能なパターンの他の実装に置き換えることができます。ユースケースに応じて、LiveData またはリアクティブ ストリームが適切なオプションとなります。