Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Startup

アプリの起動時にコンポーネントを初期化する簡単で効率的な方法を実装します。
最新の更新 現在の安定版リリース 次のリリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2020 年 10 月 28 日 1.0.0 - - -

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

バージョン 1.0.0

バージョン 1.0.0

2020 年 10 月 28 日

androidx.startup:startup-runtime:1.0.0 がリリースされました。バージョン 1.0.0 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

1.0.0 の主な機能

  • ContentProvider を定義することなく、アプリの起動時に実行する Initializer を定義する簡単で効率的な方法を提供します。
  • 遅延の初期化用に一貫性のある API を提供します。
  • Initializer で、他の Initializer への依存関係を定義できます。これは初期化の順序を明示的に定義するのに役立ちます。

バージョン 1.0.0-rc01

2020 年 10 月 14 日

androidx.startup:startup-runtime:1.0.0-rc01 がリリースされました。バージョン 1.0.0-rc01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

このリリースは 1.0.0-beta01 と同一です。

バージョン 1.0.0-beta01

2020 年 9 月 16 日

androidx.startup:startup-runtime:1.0.0-beta01 がリリースされました。バージョン 1.0.0-beta01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

このバージョンは 1.0.0-alpha03 と同一です。androidx.startup が安定版 API になりました。

バージョン 1.0.0-alpha03

2020 年 8 月 19 日

androidx.startup:startup-runtime:1.0.0-alpha03 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha03 に含まれるコミットについては、こちらをご覧ください

新機能

  • 新しい isEagerlyInitialized() API が追加されました。この API を使用すると、Initializer が積極的に初期化されているかどうかを判断できます。(aosp/1372879b/159952713

バージョン 1.0.0-alpha02

2020 年 7 月 22 日

androidx.startup:startup-runtime:1.0.0-alpha02 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha02 に含まれるコミットについては、こちらをご覧ください。

バグの修正

  • startup-runtime 用のコンシューマ ProGuard ルールを公開しました。(aosp/1347583b/159595260
  • AppInitializer の静的チェックを改善しました。(aosp/1331900

バージョン 1.0.0-alpha01

2020 年 6 月 10 日

androidx.startup:startup-runtime:1.0.0-alpha01 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha01 に含まれるコミットについては、こちらをご覧ください

新機能

App Startup ライブラリは、アプリの起動時にコンポーネントを初期化する単純で効率的な方法を提供します。ライブラリ デベロッパーとアプリ デベロッパーの両者は App Startup を使用して起動シーケンスを簡素化し、初期化の順序を明示的に設定できます。この初回リリースは 1.0.0-alpha01 です。