Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

画像キャプチャ

画像キャプチャ ユースケースは、高解像度かつ高画質の写真をキャプチャできるように設計されており、簡単な手動のカメラ コントロールに加え、自動ホワイト バランス、自動露出、オート フォーカス(3A)機能を備えています。以下のオプションを含め、キャプチャした画像の使用方法は、呼び出し側が決定します。

ImageCapture が実行されるカスタマイズ可能なエグゼキュータには、コールバック エグゼキュータと IO エグゼキュータの 2 種類があります。

  • コールバック エグゼキュータは、takePicture メソッドのパラメータです。ユーザーが指定した OnImageCapturedCallback を実行するために使用されます。
  • 呼び出し側がファイルの場所に画像を保存することを選択した場合、エグゼキュータを指定して IO を実行できます。IO エグゼキュータを設定するには、ImageCapture.Builder.setIoExecutor(Executor) を呼び出します。エグゼキュータが存在しない場合、CameraX はデフォルトでタスクの内部 IO エグゼキュータになります。

実装

写真を撮影するための基本的なコントロールが用意されています。写真の撮影には、フラッシュ オプションと連続オート フォーカスが使用されます。

写真キャプチャの遅延を最適化するには、ImageCapture.CaptureModeCAPTURE_MODE_MINIMIZE_LATENCY に設定します。品質を最適化するには、CAPTURE_MODE_MAXIMIZE_QUALITY に設定します。

次のコードサンプルは、アプリの写真撮影を設定する方法を示しています。

Kotlin

val imageCapture = ImageCapture.Builder()
    .setTargetRotation(view.display.rotation)
    .build()

cameraProvider.bindToLifecycle(lifecycleOwner, cameraSelector, imageCapture,
    imageAnalysis, preview)

Java

ImageCapture imageCapture =
    new ImageCapture.Builder()
        .setTargetRotation(view.getDisplay().getRotation())
        .build();

cameraProvider.bindToLifecycle(lifecycleOwner, cameraSelector, imageCapture, imageAnalysis, preview);

カメラを設定した後、ユーザーの操作に基づいて、次のコードによって写真が撮影されます。

Kotlin

fun onClick() {
    val outputFileOptions = ImageCapture.OutputFileOptions.Builder(File(...)).build()
    imageCapture.takePicture(outputFileOptions, cameraExecutor,
        object : ImageCapture.OnImageSavedCallback {
            override fun onError(error: ImageCaptureException)
            {
                // insert your code here.
            }
            override fun onImageSaved(outputFileResults: ImageCapture.OutputFileResults) {
                // insert your code here.
            }
        })
}

Java

public void onClick() {
    ImageCapture.OutputFileOptions outputFileOptions =
            new ImageCapture.OutputFileOptions.Builder(new File(...)).build();
    imageCapture.takePicture(outputFileOptions, cameraExecutor,
        new ImageCapture.OnImageSavedListener() {
            @Override
            public void onImageSaved(ImageCapture.OutputFileResults outputFileResults) {
                // insert your code here.
            }
            @Override
            public void onError(ImageCaptureException error) {
                // insert your code here.
            }
    }
}

画像キャプチャ メソッドは、JPEG 形式を完全にサポートしています。Media.Image オブジェクトを YUV_420_888 形式から RGB Bitmap オブジェクトに変換する方法を示すサンプルコードについては、YuvToRgbConverter.kt をご覧ください。

参考情報

CameraX について詳しくは、以下の参考情報をご確認ください。

Codelab

  • CameraX のスタートガイド
  • コードサンプル

  • CameraX の公式サンプルアプリ