ショートカットに関するおすすめの方法

アプリのショートカットを設計、作成する際のガイドラインは次のとおりです。

設計ガイドラインを遵守する

アプリのショートカットの外観をシステムアプリのショートカットと一貫性のあるものにするには、アプリのショートカットの設計ガイドラインをご覧ください。

4 つの異なるショートカットのみを公開する

現在のところ、API はアプリのショートカットを静的と動的を合わせて常に最大 15 個サポートしますが、ランチャーにおける表示の品質を向上させるため、4 つの異なるショートカットのみを公開することをおすすめします。

ショートカットはランチャーに表示するだけでなく、Google Shortcuts Integration Library を使用して Google アシスタントなどの Google サーフェスに表示することもできます。このライブラリを使用すると、プッシュできる動的ショートカットの数に制限がなくなります。このライブラリを使用して多数のショートカットをプッシュする場合は、setRank() メソッドを呼び出すことで、サポートされているランチャーに表示するショートカットに「ランク」を設定することをおすすめします。

ショートカットの説明の長さを制限する

アプリのショートカットをランチャーに表示するメニュー内のスペースは制限されています。可能であれば、ショートカットの「短い説明」は 10 文字以内、「長い説明」は 25 文字以内に制限します。

静的ショートカットのラベルの詳細については、属性値をカスタマイズするをご覧ください。動的ショートカットと固定ショートカットについては、 setLongLabel() setShortLabel() のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

ショートカットとアクションの使用履歴を管理する

作成するショートカットごとに、ユーザーがアプリ内で同じタスクを直接実行する複数の方法を検討します。それぞれの状況で reportShortcutUsed() を呼び出すと、ショートカットを表すアクションの実行頻度に関する正確な履歴をランチャーで保持できます。

ショートカットの内容が保持される場合にのみショートカットを更新する

動的ショートカットと固定ショートカットを変更するときは、内容を保持しているショートカットの情報を変更する場合にのみ、 updateShortcuts() を呼び出します。それ以外の場合は、再作成するショートカットの種類に応じて、次のいずれかのメソッドを使用します。

たとえば、スーパーマーケットに移動するショートカットを作成した場合、スーパーマーケットの名前が変更されたが場所は同じであるときは、ショートカットを更新するのが適切です。ただし、ユーザーが別の場所にあるスーパーマーケットでショッピングを始めたときは、新しいショートカットを作成するほうが適切です。

アプリを起動するたびに動的ショートカットを確認する

ユーザーが新しいデバイスにデータを復元するとき、動的ショートカットは保持されません。このため、アプリを起動するたびに getDynamicShortcuts() によって返されるオブジェクトの数を確認し、必要に応じて動的ショートカットを再公開することをおすすめします。バックアップと復元のコード スニペットをご覧ください。