Android 11 のデベロッパー プレビューが公開されました。ぜひお試しのうえ、フィードバックをお寄せください

OpenGL ES によるグラフィックスの表示

Android フレームワークには、魅力的で機能的なグラフィック ユーザー インターフェースを作成するための多くの標準ツールが用意されています。ただし、アプリケーションによる画面描画をより細かく制御したい場合や、3 次元グラフィックスを扱う場合は、別のツールを使用する必要があります。Android フレームワークが提供する OpenGL ES API には、ハイエンドのアニメーション グラフィック ツールがあり、想像力を無限に広げるだけでなく、多くの Android デバイスに搭載のグラフィックス処理ユニット(GPU)による高速化も可能にします。

ここでは、セットアップ、オブジェクトの描画、描画要素の移動、タップ入力への応答など、OpenGL を使用したアプリケーション開発の基本について説明します。

このクラスのサンプルコードでは、OpenGL ES 2.0 API を使用しています。この API バージョンを、現在の Android デバイスで使用することをおすすめします。OpenGL ES のバージョンの詳細については、OpenGL デベロッパー ガイドをご覧ください。

注: OpenGL ES 1.x API 呼び出しと OpenGL ES 2.0 メソッドを混在させないように注意してください。2 つの API は互換性がないため、両者を併用すると望ましい結果が得られません。

レッスン

OpenGL ES 環境の構築
Android アプリケーションをセットアップして OpenGL グラフィックスを描画できるようにする方法について説明します。
図形の定義
図形を定義する方法と、面とワインディングについて認識しておく必要がある理由について説明します。
図形の描画
アプリケーションで OpenGL 図形を描画する方法について説明します。
投影とカメラビューの適用
投影とカメラビューを使用して、描画されたオブジェクトの新しい視点を取得する方法について説明します。
モーションの追加
OpenGL を使って描画されたオブジェクトの基本的な動きとアニメーション化を行う方法について説明します。
タップイベントへの応答
OpenGL グラフィックスの基本的な操作方法について説明します。

他のサンプルコード

NDK サンプルをダウンロードするには、NDK サンプルをご覧ください。