構文:
<profileable android:shell=["true" | "false"] android:enabled=["true" | "false"] />
上位の要素:
<application>
説明:
プロファイラがこのアプリにアクセスする方法を指定します。
属性:
android:shell
デバイスのユーザーがローカル デバッグツールでこのアプリをプロファイリングできるかどうかを指定します。これには以下が含まれます。 設定されていない場合、または false に設定されている場合、こうしたツールや API は、アプリが debuggable である場合にのみ機能します。デバッグ可能なアプリはパフォーマンスを著しく低下させるため、タイミングを正確に測定するうえで有用ではありません。正確な結果を得るために、この要素はローカルのパフォーマンス測定に使用することを強くおすすめします。
android:enabled
アプリをシステム サービスまたはシェルツールでプロファイリングできるかどうかを指定します(後者の場合は android:shell も設定する必要があります)。false の場合、アプリのプロファイリングは一切できません。デフォルトは true です。この属性は API レベル 30 で追加されました。
導入時の API レベル:
API レベル 29