タッチ操作を使用する

Compose を試す
Jetpack Compose は Android の推奨 UI ツールキットです。Compose でタップと入力を使用する方法について説明します。

このドキュメントでは、ユーザーがタップ操作を使用してアプリを操作できるアプリを作成する方法について説明します。Android には、ジェスチャーの作成と検出に役立つさまざまな API が用意されています。

アプリは基本的な動作をタッチ操作に依存してはなりませんが(状況によってはすべてのユーザーがジェスチャーを利用できるわけではないため)が、アプリにタッチベースのインタラクションを追加すると、アプリの有用性と魅力が大幅に高まります。

一貫性のある直感的な操作性をユーザーに提供するには、アプリはタップ操作に関する Android の慣例に従う必要があります。マテリアル デザインのジェスチャーのドキュメントでは、Android アプリで一般的なジェスチャーを使用する方法について説明しています。マテリアル モーションもご覧ください。

このトピックの詳細については、次の関連ガイドをご覧ください。

トピック

一般的な操作を検出する
GestureDetector を使用して、スクロール、フリング、ダブルタップなどの基本的なタッチ操作を検出する方法を学びます。
タップとポインタの動きをトラッキングする
動きを追跡する方法を学びます。
スクロール操作にアニメーションを付ける
スクローラー(Scroller または OverScroller)を使用して、タッチイベントに応じてスクロール アニメーションを生成する方法を学習します。
マルチタッチ ジェスチャーの処理
マルチポインタ(指)ジェスチャーを検出する方法を学びます。
ドラッグして拡大縮小
タップベースのドラッグとスケーリングを実装する方法を学びます。
ViewGroup のタッチイベントの管理
ViewGroup でタッチイベントを管理し、タッチイベントがターゲット ビューに正しくディスパッチされるようにする方法を説明します。