アニメーションと遷移

ユーザーのアクションに応じて UI を変化させる場合、レイアウトの遷移をアニメーション化することをおすすめします。このようなアニメーションにより、各ユーザーは自分のアクションがどのような意味を持っていたのかを把握し、UI の変化に適応して利用を継続することができます。

Android には「遷移フレームワーク」が用意されており、2 つのビュー階層の間の変化を簡単にアニメーション化することができます。遷移フレームワークは、時間の経過に応じてプロパティ値の一部を変更することにより、実行時にビューをアニメーション化します。このフレームワークには、一般的なエフェクト用のビルトイン アニメーションがあらかじめ用意されており、必要に応じてカスタム アニメーションや遷移ライフサイクル コールバックを作成できます。

詳細については、ここに埋め込まれている動画や、アニメーションの概要をご覧ください。

動画