Android 11 のデベロッパー プレビューが公開されました。ぜひお試しのうえ、フィードバックをお寄せください

下位互換性のある UI を作成する

このクラスでは、Android の新しいバージョンで利用可能な UI コンポーネントと API を下位互換性のある方法で使用し、古いバージョンのプラットフォームでのアプリの実行を保証する方法を示します。

このクラス全体を通して、Android 3.0(API レベル 11)で新たに導入されたアクションバー タブ機能をガイド例として使用しますが、他の UI コンポーネントと API 機能にも同じ手法を適用できます。

レッスン

新しい API を抽象化する
アプリに必要な機能と API を決定します。UI コンポーネントの実装をアプリ用に抽象化するアプリ固有の Java 仲介インターフェースを定義する方法を学びます。
新しい API をプロキシする
新しい API を使用するインターフェースの実装を作成する方法を学びます。
古い API を使用する実装を作成する
古い API を使用するインターフェースのカスタム実装を作成する方法を学びます。
バージョン対応コンポーネントを使用する
使用する実装を実行時に選択する方法を学び、アプリでインターフェースの使用を開始します。

関連ドキュメント