Google Play ゲームはオープンベータ版です。

入力サポート

このトピックでは、Google Play ゲームでユーザー入力を処理する場合の設計上の考慮事項とおすすめの方法について説明します。

Google Play ゲームでは、プレーヤー入力にマウスとキーボードを使用し、タッチスクリーンは使用しません。マウスとキーボードのエクスペリエンスを設計する際は、デスクトップ パソコンまたはノートパソコンのユーザーに対して最適なユーザー エクスペリエンスを構築することに注力します。設計を開始するには、Chromebook での Android アプリの入力互換性に関するガイドをご覧ください。

おすすめの方法

プレーヤーのインタラクションの設計と構築は、以下の方法に沿って行うことをおすすめします。

  • すべてのターゲットをマウスでクリックできるようにする。
  • スクロールできるすべてのサーフェスをマウスホイール イベントでスクロールできるようにする。
  • クリック可能なサーフェスにカーソルを合わせるとハイライトでそれが強調されるようにする。また、UI の設計を慎重に行い、識別しやすく、ユーザーを困惑させない UI を作成する。
  • ユーザーがコントロールをすばやく表示できるよう、ホットキーを提供する。
  • タッチベースのコントロール(親指での十字キー操作や画面上のボタンなど)をマウスベースのコントロールやホットキーに置き換える。
  • モバイルゲームでマルチタッチ ジェスチャーを必要とする操作の場合は、キーボードやマウスのコントロールでも同じ操作が可能であることを確認する(たとえば、2 本指によるピンチ操作の代わりにマウスのスクロール ホイールを使用する)。

詳細とおすすめの方法については、Chrome OS Android アプリをマウスおよびキーボード用に最適化するをご覧ください。

多くのゲームに共通する操作と、デベロッパーが Google Play ゲームで使用する一般的な実装の一覧を次に示します。

  • テキスト入力フィールドでメッセージの送信、またはテキストの送信を行うには、Enter キーを使用します。
  • メニューとダイアログは、Esc キーでキャンセルできる必要があります。
  • ストーリーの要素とダイアログ ボックスを進めるには、Enter キーを使用します。
  • テキストを縦方向にスクロールするには、スクロール ホイールを使用します。
  • ズームインまたはズームアウトするには、スクロール ホイールを使用します(特にモバイルビルドで 2 本指によるピンチ操作を使用する場合)。
  • 通常はクリックとドラッグのモーションを使用する地図を操作するには、WASD を使用します。

これらの操作は一般的ですが、Input SDK を使用してプレーヤーに明示的に提示し、適切に見つけられるようにする必要があります。

互換性モード

Google Play ゲームは、デフォルトでゲームを「入力互換モード」に設定します。つまり、マウスの左ボタンを押すと、ゲームでタッチイベントが発生します。詳しくは、マウス入力に関するガイドをご覧ください。

チュートリアルとユーザー向け情報

マウスとキーボードのコントロールを表示できるようにするだけでなく、ゲーム内チュートリアルでゲームの操作方法を学べるようにすると、ユーザーのメリットになることがあります。マウスとキーボードの正しい操作方法を示すゲーム内チュートリアルやトレーニング機能を含めることと、PC 版ゲームのタッチベースの操作に関連するチュートリアルを削除することをおすすめします。